スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

心理戦で負けない方法~ドア・イン・ザ・フェイス~

投稿日:

先だって、断る自由を奪うフット・イン・ザ・ドアという心理テクニックを紹介しました。

セールスや交渉の場面だけでなく、日常でも応用できるし、知っていれば詐欺を見抜くこともできます。

そういった意味でも知っておくべき知識です。

フット・イン・ザ・ドアというのは、人は自分の判断に一貫した言動・行動をとろうとする心理を利用して、わざと小さな要請をしてそれを受け入れさせ、その後に本来の目的である大きな要請をするテクニックでした。

では、大きな要請をして、小さな要請をするとどうなるか?

それもまた、心理学を応用して、こちらの要請を相手に受け入れさせるテクニックとなります。

ドア・イン・ザ・フェイス

人は、それがたとえ法外な要求だとしても断ると、「罪悪感」を感じてしまう生き物です。

理屈ではなく、そういうものだそうです。

だから、一度断った後にまた何かを要求されるとその必要がなくても「今度は応じなくてはいけない」という義務感が芽生える

断わり続けることは、そのつど罪悪感を高められることになり、不快です。

ドア・イン・ザ・フェイスは、その心理を応用して厚かましく大きな要請をして、わざと断らさせて小さな要請をすることで、本当の目的を受け入れさせるテクニックです。

フット・イン・ザ・ドアが扉を開けさせたらすかさず足を入れるなら、ドア・インザ・フェイスは扉を開けたらいきなり顔を突っ込むわけです。

値下げ交渉の常とう手段

プロのバイヤーや実戦でセールスをしている方、それと関西の商売人なら普通に使っているでしょう。

ドア・イン・ザ・フェイスは、値下げ交渉の常とう手段です。

たとえば、10万円の宝石をすこしでも安く買おうと思ったら、「3万円にしてもらえません?」というわけです。

当然、ばかげた要求なので断られますが、すかさず「じゃあせめて、7万円にしてもらえない?」と聞くと、

「8万円くらいならなんとか頑張ります」

となったりします。

相手の思い通りにさせないために

この心理テクニックは多くの場面で使われています。

ビジネスにおいては、それを知っているか知らないかで、収益に影響しますので知っておくべきでしょう。

相手が、ドア・イン・ザ・フェイスを仕掛けているな、と気づければ、断っても不要な罪悪感を感じる必要はありません。

先だっても書きましたが、人を打ち負かす目的ではなく、自分が負けないようにするために心理学は必要な学問だと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.