スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

心理戦で負けない方法~ロー・ボール・テクニック~

投稿日:

人を打ち負かす目的ではなく、自分が負けないようにするために心理学は必要な学問だと書きました。

自分の主張、要請を通すためのテクニック、フット・イン・ザ・ドアドア・イン・ザ・フェイス、2つの方法を紹介しましたが、もうひとつ、代表的な手法があります。

それが、ロー・ボール・テクニック。

どういうことかというと、受け取りやすいボール(要請)を投げて承諾させたうえで、別の事実を付け加えるというもの。

ちょっとずるい手法です。

それだけに、相手がロー・ボールを投げてきたときは注意が必要。

SALEやバーゲンの理論

広告や店頭に掲げられた「SALE」や「バーゲン」。

これがまさに、ロー・ボールです。

なぜ「SALE」や「バーゲン」に人が惹かれるのかというと、通常より安い買い物ができたり、それによって得をしたり、賢い買い物をしたと思いたいからです。

でも、ロー・ボールの目的は、その先にある。

訳ありのセール品はその典型です。

  • セール品ですが、ちょっと傷があります。
  • バーゲンなので、返品はできません。
  • 現品限りの為、お安くなってます。
  • 格安ですが賞味期限が近いです。

ものすごく悪く言うと、「格安」「セール」「バーゲン」で誘い込み、本当は売れ残りや訳あり品を処分する

そんな場合に良く使われている手法です。

人のこころの動き

ロー・ボールを受け入れた人の心理は、こんな感じです。

セール品を買った人であれば、それを失敗したと思いたくない。

仮に、ちょっと不満があったとしてもそれを認めることへの恥ずかしさや悔しさがあります。

一度、受け入れたものに対し、それを否定する事はしがたいと感じるのです。

フット・イン・ザ・ドアとの違い

ロー・ボール・テクニックは、フット・イン・ザ・ドアとやや似ています。

どちらも受け入れやすい要請を最初に提示するからです。

しかし、フット・イン・ザ・ドアでは、より大きな要請をしていくのに対し、ロー・ボールは要請自体は変わらない。

ただ、受け手にとって必ずしも特とは言えない要求を付け加えて、結局はのませてしまう

少し詐欺的要素のある手法です。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.