スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

史上最強の無脊椎動物

投稿日:

この世で最も賢い無脊椎動物をご存知ですか?

それは、たこです。

たこは、8本の腕と、3つの心臓、青い血、そして、9つの脳を持っています。マジシャンよりも素早い擬態のテクニックは並外れていて、地球上の誰よりも早い0.3秒というタイムだそう。

ひとつ、相対的にたこが劣るのは、短命であること。たこは、寿命が短い。

世界最大のたこ、ミズタコでも3-5年。しかし、3年で、その重量は20kgを超える。

たこ料理を調べてみても面白いかもしれません。全世界のたこ漁獲量の半数以上は、日本人が食べています。

それだけ、日本人はたこが好き。

サスティナビリティな食材?

あらゆる海産物の漁獲量は年々、減少しています。

たこも、例外ではないのですが、ある海域では、たこは生態系の頂点である為、どれだけ獲っても減らないと言われています。

それは、北海道噴火湾の水たこ。

ただし、マダコが取れなくなっている為、日本各地で文字通りひっぱりだこで、漁獲量が多くても、現在は、価格が上がっています。

それに、あまりに乱獲すれば、いくら生態系の頂点とはいえ、少なくなる可能性はある。

でも、他の魚類に比べると、たこの成長スピードは早く、環境適応能力も高い。なにしろ、この世で最も賢い脊椎動物です。

私は、海産物の中ではサスティナビリティ(持続可能)な食材だと思っています。いくら美味しくても、100年後、あまりに高価であったり、手に入らなければ、レストランの主力メニューとして扱ってはいけない。

以前、たこの料理を紹介しましたが、たこは、そういった意味で、注目している食材です。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.