その他、雑感・雑学 戦略とマーケテイング

目に見える現象(戦術)の奥には目に見えにくい構造(戦略)そして本質(目的)がある

目に見えないことをどれだけ見えるか。

右見てわからなかったら左見て、前から後ろから見て、上から下から見て、見えないことを見えなければ、本質は分からない。

恩師にそう教わりました。

戦略を見抜く

戦略を見抜くのも、同様のものの見方をすると考えやすくなります。

例えば、競合店がやたらと広告の露出度を高めてきたとする。

広告は相手の戦術の一つにすぎません。

戦略はその奥にある

なぜ、広告の露出度を高めるという戦術をしかけたのだろうか?

新しいメニューを開発したから?

それとも、割引チケットを発行するから?

というのは、まだ戦術です。

戦略というのはさらにその先、目に見えないところにあるのです。

仮説と検証

可能性はいくつも想定できます。

集客してリピートに繋げる新しい仕組みが出来たのか?

人材が育ってきて、サービスに自信ができたのか?

顧客の囲い込みをして、マーケットの拡大をするつもりか?

そもそも戦略はなく、業績悪化に焦っているのか?

あらゆる角度から見て、仮説を立てる

そうして可能性が高そうなところから順番に検証してみれば、相手の戦略が見えてきます。

目的はさらに、その先に

なぜ、その戦略を構築したのか?

戦略のさらにその奥に、目的があるはず

なるほど、広告の露出度を高めた背景には、リピート化の仕組みができたからだと分かれば、目的は顧客化だったのかと分かる。

上記は分かりやすい例ですが、こうして考えていくと、目に見える現象(戦術)から、構造(戦略)を見えるようにし、その本質(目的)に迫れます。

イメージしやすいように図にしてみました。

情報過多で、目に見える現象が多岐に渡る今、本質を見抜くものの見方ができないと、現象に振り回されてしまいます。

新型コロナウイルスの影響

中国発端の新型コロナウイルスはいつ収束するのか、終わりが見えない状況ですが、それを各個人がそれぞれの立場でどう考えるのか?

今回の件でわかったのは、想像以上に中国のインバウンド需要が大きかったこと。

飲食業界にとっても、年間1千万人、消費額1兆円以上という中国人観光客の消費を失うことは大きなダメージだったのです。

特に観光地ではその収益構造が中国頼みだったことは衝撃でした。

ただ、その本質は何かと考えた時、反省すべきは戦略の危うさではなかったかと思います。

飲食店を運営する場合、そうしたリスクも想定内にしておかないと100年持続するのは難しい。

強い戦略構築の為には、ありとあらゆる角度から考え、深めておく必要があるんだなと痛感した次第です。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学, 戦略とマーケテイング

Copyright© HICO'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.