スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

死に様を見れば、どんな生き方をしてきたかわかる

投稿日:

大河ドラマ『真田丸』で、遠藤憲一さんが演じる上杉景勝が、死に様を見れば、どんな生き方をしてきたか分かる、というようなことを言っていました。はっきりとは覚えていないのですが、そんなニュアンスだったと思います。

戦国時代は、どんな風に死ねるか、ということに哲学があったようです。武士にとって美しい死は、桜のように潔く散ることでしょう。

ふと、思いました。逆説的ですが、理想の死に方を追求すると、生き方が見えてくるのではないか?

理想の死に様

理想の生き方を考えると、やや悩むところがありますが、理想の死に方ははっきりしています。果たすべき使命を果たし、愛する人と語り合いながらこころ静かに生の幕を閉じたい。眠りにつくまで、とりとめのない会話をして一日を終えるように。

そんなイメージをもったら、不思議ですね。一日一日が大事に思えてきた。かならず使命を果たすぞ!と、生に対する責任を感じました。

このところ、そんなことを考えることが多い。最近、レストランの計画から少し離れてきました。でも、大事なのは、どんな料理を出すか、ということより、どんな理念を持つか?というのが余程大事だと思って居るのです。

100年持続するレストランには、哲学がいる。

何度も問うていることですが、なぜ、レストランをするのか?

なぜ、100年持続するレストランを創りたいのか?

一生忘れられないほどの美味しい記憶を創って差し上げたいと、なぜ、思うのか?

それらに対する答えを、常に、持っておかなくてはいけないと思います。ハッキリと、誰にでも分かる形で。

そうしてはじめて、人に伝わり、皆に良い影響を与えることが出来ます。

理想の死に様に向けて、一生懸命、生きていきます。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.