その他、雑感・雑学

お金とは、モノではなく、ただのデータである

お金とは何か?

私は長らく勘違いしていました。

元は、物々交換の代替として発達した「モノ」だと思っていたのです。

学生時代、お金の起源をこんな昔話から教わりました。

ある兄弟の物語

海幸彦と山幸彦のという兄弟の話です。

ご存知ですか?

元は古事記に記されている神話です。

兄の海幸彦は魚釣りが上手で、魚を獲って暮らしていた。

弟の山幸彦は、狩りが上手で獣を狩って暮らしていた。

ある日、弟は、互いの道具を交換することを提案して、兄から借りた釣り針を失くしてしまう。

という話です。

海の幸と山の幸を交換

その後の物語も面白いのですが、脱線しすぎてしまうので、興味のある方は「海幸彦山幸彦」で調べてみてください。

何が言いたいかというと、貨幣論でいうと、お金の起源は魚と肉の交換だったのではないか、ということ。

山幸彦は肉ばかりじゃ飽きるから、たまには魚を食べたいと、肉と交換したんですね。

でもある日、肉と交換しようにも、海幸彦の方では肉を食べたくなくて、交換できなかった。

じゃあ、ということで、酒と交換します。

今度は、米を食べたくなって、兄の海幸彦のところへ行くと、米はなかった。

でも、米屋にもってけば、米屋が欲しがる貝があるから、それと肉を交換した。

というのが、物々交換です。

貨幣の誕生?

しかし物々交換では、相手の欲しがるものと自分が欲しいものが必ずしも一致しません

やがて、誰もが欲しがる米や塩、農具などで代替しますが、そんな重たいものを持って買い物に行くのは大変です。

食べ物は保管もできません。

そこで中国では、貝殻を用いることになりました。

「財」「貯」「買」「貨」「贈」「賭」などお金にまつわる漢字に「貝」が多いのは、それが理由です。

しかし貝は、割れやすく、海に行けば手に入るし、山に住む人にとっては不公平ですね。

そこで次第に、腐らず、壊れにくく、資源に限りのある金や銀が使われるようになりました。

お金は税計算の記録?

物々交換が、お金の起源とする説は、感覚的にとてもわかりやすいものです。

しかし実際は、物々交換から貨幣が生まれた事実は、歴史的に皆無だそうです。

貨幣の誕生として、私たちが知れるのは紀元前3500年頃の古代エジプト。

神殿や宮殿の官僚たちが、臣下や従属民を労働させたり、必需品を徴収して、財を分配していました。

その記録や、臣下同士の財のやり取りを計算するためのものとして貨幣が存在していたのです。

古代エジプトでは、私有財産や市場における交換は存在しませんので、物々交換という概念すらありません。

考えてみれば銀行預金はただのデータ

現代において、現金と商品を交換する買い物では確かに物々交換ですが、銀行預金はそうとも言い切れません。

銀行から借金をする時のお金の流れは、驚異的です。

ある会社が、設備投資の為に1千万円借りるとします。

銀行は、それを自分が所有する現金で貸すのではありません

なんとなんと、預金通帳に記載するだけ

何もないところから、お金を生み出すことが出来るのです。

なぜお金は通貨として流通している?

もうひとつ、お金に関する疑問。

なぜ、お金は通貨として、流通しているのでしょうか。

お札に関しては、神です。

硬貨にしても原価は100円玉で15円くらいだそう。

1万円札の原価は24円

でも、100円玉は100円の価値があり、1万円札は24円ではなく、1万円の価値があります。

不換貨幣

1800年代初頭から第一次世界大戦前までは、貨幣は金と交換することが出来ました。

金本位制というのですが、その通貨体制は崩れ、いまは貴金属との交換が保証されていません

貴金属は株と同様、投資対象になっています。

それでもなお、お金として流通するには根拠があります。

皆がそれをお金と認識していること

中央銀行が発行したその紙を、お金だと思って、信用していること。

だからこそ、お金はお金たりえます。

納税の手段

さらに掘り下げて考えましょう。

なぜ、皆はそれをお金と認識しているのか?

ただ認識しているから、というのは答えになりません。

国が発行しているから?

それでもまだ不十分です。

国が発行していても、何か担保するものがなければいけない。

最も有力だと思われるのは、納税の手段となることでその価値を担保している

ということ。

日本なら、円という通貨で支払ってください、とすることで皆がお金と認識できるというんです。

これは古代エジプトで貨幣が使われていた時の論理と共通します。

国が、財のやり取りを記録し、計算するために貨幣を発行するのと同じ理屈なのです。

ということは、お金は、モノではなく、ただのデータということができる。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!