高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

2017年、総括

投稿日:

2017年も、今日で終わり。

皆さんはどんな1年でしたか?

2017年は、HICOというレストランが観念上、産声を上げた年でした。それまで積み重ねてきた経験、スキル、思い、全てを詰めこんで、100年続くレストランを作る。そこから『借金500万円からの開業奮闘記』として、毎日、発信してきました。

反省

新年を迎えるにあたって、反省しておかないとならないこともあります。

まず、稼ぐ目標には、全然届いていないこと。1000万、目標でした。結果は、半分が良いところ。

完全になめてました。片手間でもできると思ってた。焦りを感じたのは、後半に差し掛かったころ。遅すぎました。

資金がなければ、やりたいこともできないし、説得力もありません。

猛烈に反省し、2018年は、最初から飛ばしていきたいと思います。

良かった事

2019年にレストランをOPENする!

私の人生において、明確な目標を設定したことは私個人にも大きな変化をもたらしました。

人生に対する責任を、主体的に持つようになった。

自分の信念に基づいて、すべての業務にあたろうとしています。本業としてやっていることも、副業としてやっていることも。HICOというレストランにおける、誠実さを、すべてに適応しているのです。

そして「勝兵はまず勝ちて、しかるのちに戦いを求む」という孫子の言葉通り、まず勝てる環境を具体的にどうやって整えていくか。戦略に重点をおいて、考える習慣がついてきました。

人生も仕事も勝ち負けではないかもしれません。でも、負けたら、私を信じてついてきた人や親を悲しませる。

だから、負けない体制作りは、絶対に必要なのです。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.