高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

無用の用に用はない

投稿日:

無用の用、という言葉をご存知でしょうか。

私は自分の身に起こること、経験したこと、すべて縁と捉え、悪いことも良いことも、起こるべくして起こったのだと考えるようにしています。

そして、それはなぜそうなったのか?というところまで考え、本質を見ることができたら、より理想的な人生を送れるように思います。

無用の用とは、万物無駄なことは何一つとしてない、ということ。一見、意味のないように思えることでも、大きな視点で見ると、物事のバランスを図る上で必要なものである、と説いているのです。

これは、中国の哲学者、老子の言葉。(老子は複数の人物によって語り継がれていた思想だといわれることが多く、一人の人物を指すものではないそうです。)

無用の用に用はない

私は「縁」というものを目に見えない必然だと思っていますから、どんな縁も自分にとって、必要ないことはありません。無用の用、という考えに深く共感はできるのです。

ただし、出会うべくして出会ったものでも、それが自分自身が未熟ゆえ、怠惰ゆえ、レベルが低いゆえ、出会った縁もあります。それは、理想からすれば、出会わなくても良かった縁です。出会いたくないのならば、自分を高めておきなさいというメッセージなのでしょう。

でも無用の用に用はないのです。意味さえ分かればいい。できれば、無用の用にはできるだけ会いたくないものです。人生も無限にあるわけじゃないので、そんな暇はない。

何を言いたいかと申しますと、無用の用の考えには非常に共感できるのですが、それに甘えてしまうと、成果があがりにくくなってしまうということです。効率ばかりを求めるのは違いますが、でも無用の用に出会わない方が、その分、早く目標に到達できる。

結局、開業資金3000万を貯めるのは、並大抵ではないなと思っているところです(笑)

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.