スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

日進月歩の本当の意味

投稿日:

昨日より今日、日々続ければ、月にも行ける

このことろ、朝、ランニングするようになりました。

理由は気力と体力をつけるため。

自分自身のことは自分がいちばんよく分かっている、とは思っていません。むしろ、疑っています。

持続する力があるのか、ほんとうにやり切れるか。口だけになっていないか。常に内省しないと、堕落しそうな気配が自分にはあると思っています。

昨日より今日

毎朝20分。走っています。

昨日より今日、一歩でも距離を伸ばそうと、走っています。そしたら、年間365歩、始めた当初より進めるようになったということになります。

日進月歩、とはまさにその通りで、1年後から振り返ってみると、ずいぶん遠いところまで来られたなあと感慨にふけりますが、そこに至る日々は、昨日より今日。一歩しか、成長していません。

小学校で、校長先生が言いそうなことですね。でも、漠然と意識しているよりも、確実に遠くへ行ける。

日進月歩の本当の意味

ふと、思ったのですが、日進月歩というのは、日々、月々、絶え間なく進歩するという意味ですが、もしかしたら、毎日確実に歩んでいけば、月にでも行けるという意味が込められているのではないでしょうか?

いいですね、そう思うと浪漫がある。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.