その他、雑感・雑学

日本でのワイン消費量

ワインを販売していくための参考データ

さて、突然ですが、クイズです。日本人は一年間に、平均してワインを何本飲むでしょう?1人あたりの平均です。皆さまご存知でしょうか?

A>約3本

B>約10本

C>約20本

D>約30本

ヒントはイタリア人で約60本!(※1本750ml)

ということは、月に5本。1週間に1本は飲むということですね。1人あたりですから、4人家族の場合、一週間に4~5本ボトルを開ける計算です。イタリア人は毎日、グラスワイン1杯くらいは飲んでいるということ。

なお、ワイン消費量と成人の人数で割った平均なので、飲まない人も含まれます。

クイズの答え

答えはAで、約3本(約2リットル)。あたりましたか?

スーパーやコンビニでのワイン販売スペースは年々大きくなっているような気がしますが、イタリアの1/20なんですね。ちなみに日本人のビールの消費量は、350ml缶に換算すると、約124本(約45リットル)ですから、月の平均でいうと約10本。3日に1本は飲んでいる計算です。

ビールに比べると、ワインの消費量は少ないですね。私は一時、年間365本飲んでいましたから、かなり貢献していました(笑)

なお、世界で最もワインを飲んでいる国は、納得されると思いますが、フランスです。ボトルに置き換えると約69本。イタリアは2位です。

ところが、フランスやイタリアの若い世代は「ワインなんて古臭い」「じじいが飲むもんだ」ということで、ワイン離れが進んできているようです。そのため、消費量も生産量も減っている。日本における、日本酒と同じ状況です。

ワインも日本酒も、その土地に根付いた文化や歴史があります。そういうのを知ると、ただ飲んで酔っぱらうだけでなく、想像する楽しみができます。ワイン程、ストーリーに満ちたお酒はないんじゃないでしょうか。

ABOUT ME
HICO(ぞろ屋)
バーテンダー➡料理人➡シニアソムリエ➡飲食店運営➡トップセールス・マーケター➡WEB制作/ECサイト運営/WEBライティング。 幅広い経験とスキルを活かしデザイナーやエンジニアでは作れない持続性のある戦略的サイト構築が得意。実はコンテスト受賞経験もあるシニアソムリエとしての顔も持つ。
大きな時代の変革期、負けない戦略はありますか?

世はまさに明治維新前後のような大変革期。人生も、ビジネスも『負けない戦略』が必要不可欠の時代となりました。

HICO’S BLOGでは、小規模ビジネスのための勝てるホームページ制作や売れる仕組み作り、ビジネスモデル・マーケティングなど、時代の流れにも競合他社にも【負けないコンテンツ】を忘備録としてとどめています。

ニュースレターでは<月に一度>当ブログコンテンツを定期的に配信していますので、ぜひあなたのビジネス、人生にお役立てください。

 

この記事も読んでみませんか?