スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

レストランの始まりと終わり

投稿日:

もしかしたら「レストラン」というのは形だけで内実はとっくに終わっていたのかもしれない。。。

マリー・アントワネットをご存知の方は多いでしょう。18世紀のフランス王妃です。彼女は貧困でパンも食べられないという庶民の話を聞いてこう言ったと伝わります。

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない?」

俺たちから税金をふんだくって自分たちだけ良い思いをするなんて許せない!ということで起こったのがフランス革命でしたが、それによってお城お抱えの料理人たちはパリの街で飲食店を開業します。それが「レストラン」のはじまり。

ごく限られた人だけが楽しむことのできた料理が、一般の人たちに広まったんですね。

でも今や、、、「レストランの料理」も珍しくなくなってきています。新しい技術や素材も、すぐにコピーされるものが多い。だから情報をブラックボックス化するお店も多いですが、これだけITが発達するとSNSであっという間に拡散されます。「レストラン」はその箱の中だけで発達してきた文化。これからの時代においては、新しいあり方が求められると思います。

レストランHICOは、美味しい料理を提供するお店であることはもちろんですが、それ以上に、食と人生の総合エンターテイメントとしての価値と持続的な人のつながりを大事にしたお店にしたいと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.