その他、雑感・雑学人間学

理不尽さへの対処

理不尽だな、と思うことは、生きていれば度たび、出くわします。

いつ起こるかわからない地震など自然災害もそうです。

ですがそれ以上に、人間関係において感じる理不尽さは、どう捉えるかで結果は大きく変わるように思います。

なぜ、私だけ・・・

理不尽に感じた時、もっともやってはいけないのは、不満や怒り、感情に任せてしまうことです。

それを人に愚痴ったり、批判したりするのは最悪です。

非常に不毛ですし、その理不尽さは決して解消されるわけではないからです。

きっと、同じことがあれば、同じように反応します。それでは、人間的な進歩はありません。

 

と、偉そうに書いてますが、これはお察しの通り、自分自身に対していっていることです。

時に理不尽に感じることでも、自分が成長するために不可欠なことと捉える。

むしろ、その理不尽さを体験したお蔭で、人間力は高まったと感謝できたらいい。

 

向かい風こそ、成長するチャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。