高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

料理とワインについて

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

3

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

4

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

5

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

料理とワインについて

うなぎの赤ワイン蒸し

2019/6/14  

うなぎ。 時々、無性に食べたくなります。 でも、二ホンウナギは絶滅危惧種、なんですよね。 国産の鰻は一時に比べると3倍の値がつくようになりました。 先日、若干の後ろめたさを残しつつ、数年ぶりにウナギを ...

戦略とマーケテイング 料理とワインについて

料理の価値を高めるための10のチェックリスト

2019/6/8  

料理を作る。 それは、とても尊い仕事です。 禅寺では、料理人を「典座(てんぞ)」といってとても高い役職につけています。 典座には、修行経験が深く信任のある僧が任命されてきたそうです。 食は、人の生命を ...

料理とワインについて

2020年以降、料理人が考えること

2019/4/6  

飲食店を巡る環境は、大きく変わっています。 日本は、2025年に3人に1人が65才という、超高齢化社会を迎えます。 人口は、増えることはありません。 人類未踏の縮小社会において、料理人は何を考えるべき ...

料理とワインについて

科学的なアプローチから見る、野菜の料理法

2019/2/20  

料理は科学。 美味しいのには、すべて理由があります。 野菜の美味しい料理法を『料理のアイデアと考え方 9人の日本料理人、12の野菜の使い方を議論する』(柴田書店)から学び、メモしていました。 &nbs ...

no image

料理とワインについて

赤ワインと魚料理

2019/2/8  

赤ワインは魚料理とあわない。 そんな固定観念を持ってらっしゃるかもしれません。 合いにくいのは確かですが、ちょっと工夫すると、ぐっと合いやすくなります。 https://hico2019.com/cu ...

高尾で極上海鮮が食べれる

料理とワインについて 魚を究める

高尾で極上海鮮が食べれる

2019/1/17  

海から遠い高尾で、新鮮な海鮮が食べれる唯一のグランピングレストラン といっても、あまり需要はないかもしれませんね(笑) なぜなら、高尾山に観光にくる人は、高尾山名物を食べたいでしょう。 たとえば蕎麦と ...

no image

料理とワインについて

持続性のある食材で料理する

2018/12/26  

  突然ですが、フォアグラは好きですか? 味は好きです。でも、あまり食べようとは思いません。また、すすんで提供したいとも思わないのです。 理由は、人為的に太らせた肝臓であり、持続性があると思 ...

no image

料理とワインについて 魚を究める

魚のトマト煮込みを考察4

2018/12/18  

  しばらく間が空いてしまいました。 魚のトマト煮込みというシンプルな料理について、底が見えなくなるまで考えると決めたのでした。 シンプルだからこそ、独自の領域に達しないと価値がありません。 ...

no image

料理とワインについて

ミネストローネ

2018/12/14  

  ミネストローネは、みなさんご存知かと思います。 イタリアの家庭料理的な野菜のスープです。 各地方によりレシピも、入れる素材も違うようです。 日本では、トマトを入れるのがミネストローネとい ...

no image

料理とワインについて 魚を究める

魚のトマト煮込みを考察3

2018/11/28  

  魚のトマト煮込みというシンプルな料理。 シンプルだからこそ、独自の領域に達しないと価値がない、ということで、どこまで深く考えられるか挑戦しています。 それが、お客さんに提供する時、感動に ...

no image

料理とワインについて 魚を究める

旨みの相乗効果とは?

2018/11/26  

  当店では、「美味しさとは何か?」について、プロとして安定してお客さんに料理を提供する為、科学的に考えました。 このところ「魚のトマト煮込みを考察」していますが、その前に、旨みの相乗効果に ...

no image

料理とワインについて 魚を究める

魚のトマト煮込みを考察2

2018/11/24  

  魚のトマト煮込みというシンプルな料理。 レストランで提供するなら、シンプルだからこそ、切り口を変えたり、視点を変えたりして、独自の領域に達しないと価値がありません。 差別化するならどうす ...

料理とワインについて 魚を究める

魚のトマト煮込みを考察

2018/11/22  

  先だって、メルルッツォ・アル・スーゴ(タラの煮込み)を紹介しました。 https://hico2019.com/cuisine_and_wine/1558/ シチリア料理では、トマト、ケ ...

no image

料理とワインについて 魚を究める

魚卵のパスタ

2018/11/20  

シチリアでは、魚卵をパスタと和える文化があります。 現地ではサバやマトウダイなどの卵を使ったものが定番。 実は、たらこスパゲッティの原形になりました。 レシピ フライパンに少量のオリーブオイルを入れて ...

no image

料理とワインについて

イタリア郷土料理と魚

2018/11/18  

  当レストランの特徴的な料理候補は3つあります。 カルツォーネ、溶岩焼、魚料理。 すべて、やるかもしれませんし、どれか一つに絞るかもしれません。または、うち二つに絞るかもしれない。 これま ...

no image

料理とワインについて

ミネラルウォーターを知る

2018/10/21  

糖分が身体に及ぼす影響を知ってから、極力、無駄な糖分は取らないようにしようと決めました。 いま、注目しているのは、水。ミネラルウォーターです。 ミネラルウォーター、といっても、4種類に分類されます。 ...

no image

料理とワインについて 魚を究める

イカ料理

2018/9/9  

イカは好きですか? 私は好きです。すきですが、おしつけるのはよくありません。 それでもなお、イカという食材は、素晴らしい、といえます。イカは前菜にもメイン料理にもなります。 前菜ならば、カルパッチョ、 ...

no image

料理とワインについて

魚の捌き方について

2018/7/29  

魚の捌き方はyouyubeを見ればいくらでも出てきますが、同じ鯛を捌くのでも、人それぞれ違います。セオリーはあっても、正解はないんじゃないでしょうか。 あるとすれば、目的がある時。 身は極力、刺身とし ...

no image

料理とワインについて

創作ナポリタン

2018/7/9  

ナポリタンのルーツについて、先だって書きました。 >>>ナポリタンを知る ナポリタンは、茹でたてのアルデンテではなく、茹で置いたぶよぶよのスパゲッティから作らないとナポリタンではない ...

no image

料理とワインについて

ナポリタンを知る

2018/7/7  

日本の家庭料理として根付き、独特の魅力を放つ、パスタ料理ナポリタン。 ナポリタンに対する人々のイメージは、若干のずれを伴いながらも、どこか懐かしさを感じる方もおられるのではないでしょうか。私が子供の頃 ...

no image

料理とワインについて

京料理は嚥下料理?

2018/6/3  

京料理を知る上で、面白い推測があります。 京料理のベースは、嚥下(えんげ)食にあると。嚥下食とは、飲み込みや咀嚼といった嚥下機能の低下がみられる人の為の食事のことです。 理由は、京料理はもともと平安時 ...

no image

料理とワインについて

北海道・十勝、町民用ロゼワイン

2018/5/16  

北海道のロゼワインなんて。と、最初は、ばかにしていました。でも、グラスに注ぎ、何気なく飲んでいると、考えを改めざるをえませんでした。 きっと、野性的な酸味と、野暮ったい雑味、未熟な果実味で、魅力に乏し ...

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.