高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

サービス哲学

no image

サービス哲学

世界のどこにもない、接客サービス

2019/3/4  

2021年、東京・高尾に開業予定のグランピングレストラン。 人生最良の美味しい記憶をお創りするために、とことん考え抜いたレストランにしたいと思っています。 細部に至るまで独自色を強くします。 メニュー ...

no image

その他、雑感・雑学 サービス哲学

あなたを好きになってもらう方法

2019/3/1  

コミュニケーションは、人が持つ最も優れた能力の一つです。 コミュニケーションひとつで、1人の力は、10倍にもなり、100倍にもなる。 これは、ロボットやAIには出来ないことです。 コミュニケーションの ...

no image

サービス哲学 人間学

質問力

2019/1/9  

  人は、自分が思った通り、考えた通りにしか行動できません。 誰かに命令されたことに対して、たとえ行動したとしても、なかなか責任を持てないものです。 うまくいけば自分の手柄、失敗すれば、相手 ...

no image

サービス哲学

なぜ下手にでてはいけないか?

2019/1/5  

  サービスというのは、お客さんの言うなりになることではありません。 それでは奴隷です。 サービスは、お客さんを感動させる素晴らしい仕事。 誰にでも出来ることではない。 お客さんに媚びへつら ...

no image

サービス哲学

クロコダイル・ブレインが喜ぶ話し方

2018/12/2  

  以前、脳の進化は3段階だと書きました。 まず、最初にできたのが、爬虫類脳(クロコダイル・ブレイン)。 次に、大脳周辺系の哺乳類脳。 そして大脳新皮質とよばれる人間脳です。   ...

no image

サービス哲学

「フレーム」という考え方

2018/11/30  

  オーレン・クラフ著『シリコンバレーの交渉術~YESを引き出す売り込みの脳科学~』(フォレスト出版)について、何度か紹介しましたが、この本は面白い。 やや分かりにくい比喩表現や、大げさな装 ...

no image

サービス哲学

セールス(営業)とは何か?

2018/11/16  

セールス(営業)って何だろう。 人は、誰もが何かをセールスしていると思います。 子供は親に愛されるように、好きな人がいれば自分を好きになってもらえるように。料理を作れば、お客さんに食べてもらえるように ...

no image

サービス哲学

心をつかむのは、意外性

2018/11/14  

  オーレン・クラフ著『シリコンバレーの交渉術~YESを引き出す売り込みの脳科学~』(フォレスト出版)と、ジャック・ワース著『売りこまなくても売れる!説得いらずの高確率セールス』(フォレスト ...

no image

サービス哲学

主導権を握るサービス

2018/11/12  

サービスの立ち位置を、お店として、どのように設定しようか? 考えています。 最近、セールスの勉強をしていますが、先だって紹介した、オーレン・クラフ著『シリコンバレーの交渉術~YESを引き出す売り込みの ...

no image

サービス哲学

常に相手のことを考える仕事

2018/10/7  

セールスという仕事も、レストランの仕事も、常に相手のことを考えなくては成り立たない仕事です。 どうすれば相手に選ばれるか、どうすれば相手は満足するのか、どうすれば相手の期待を上回れるのか、考えなくては ...

no image

サービス哲学 戦略とマーケテイング

売りこまない選択肢

2018/9/25  

神田昌典氏が監修している『売りこまなくても売れる!説得いらずの高確率セールス』(フォレスト出版)。 これは、営業、セールスに関する概念を大きく変えます。 初版は2002年。16年前の本ですが、いま読ん ...

no image

サービス哲学

デジタルを活用した顧客サービス

2018/6/25  

デジタルでの人と人とのやり取りなしに、これからのビジネスは成立しなくなるでしょう。レストランの予約も、電話ではなく、ネット予約がどんどん増えているよう。 私が考えているレストランでも、国内外問わず、事 ...

no image

サービス哲学

お客様の「為」と「立場」を考えることは違う

2018/6/21  

「お客様の為に○○してあげたい」というのは、難しいなと、感じることがあります。それは、ほんとうに喜んでもらえてるのか?こちらの考えを押し付けた、サービスになるのではないか?と思うことが少なからずあるか ...

no image

その他、雑感・雑学 サービス哲学

心に残る手紙

2018/5/26  

お客様とやりとりをしていると、とても心のこもったメッセージを頂く事があります。新潟のホテルの女性支配人の方とは、メールでのやりとりですが、いつも感心します。 少し、ご紹介します。 「」 当地の桜も葉桜 ...

no image

サービス哲学

感動体験の共有と再現

2018/5/20  

食を提供することを通して、感じてほしいのはやはり幸せです。 幸せとはしかし、多くの人にとって、相対的なもので、多種多様です。ただ、美味しいという喜び、それを心地良い空間で提供することで、幸せを感じても ...

no image

サービス哲学

野性的な体験の魅力

2018/5/18  

以前、紹介したことがありますが、時々、見たくなるのがこの動画。 Almazan Kitchen 『Best Bolognese Ever』 森の中でボロネーゼ(ミートソース)を料理してます。 パスタは ...

no image

サービス哲学

顧客は誰か?

2018/5/8  

経済学者ピーター・ドラッカーは、著書の中で、 「」 われわれの事業を知るための第一歩は、「顧客は誰か」という問いを発することである。現実の顧客は誰か、潜在的な顧客は誰か、顧客はどこにいるのか、顧客はい ...

no image

サービス哲学

当たり前の顧客対応

2018/2/9  

以前、見えないところこそ美しく保つ、ということを書きました。 >>>見えないところを美しく保つこと それは、一流のプロフェッショナルの心構えであると考えたのです。 プロならば、当たり ...

no image

サービス哲学

手紙

2017/12/18  

業種問わず、利用いただいたお客様に手書きでハガキや手紙を書く会社は何と3%にも満たないそうです。 それなら、手紙を書くだけで、100件あれば、3件のインパクトを与えられる。 そんな計算をせずとも、アナ ...

no image

サービス哲学

サービスにストーリーを与える

2017/11/23  

ホームページ制作を通して縁を頂いた方から、お褒めの言葉を頂きました。 「サービスにストーリーを与えてくださる」 それが、持続的に経営していくために大事なことだとおもいます、と。 サービスにストーリーを ...

no image

サービス哲学

サービスの基本は1to1

2017/11/10  

私は、どんなに忙しくても1to1サービスを大切にしてきました。 1to1サービスとは、お客様ひとりひとりに個別サービスをすること。レストランであれば、その人の好み、性格、勤め先、趣味、考え方などあらゆ ...

no image

サービス哲学

カウンターへの執着

2017/10/12  

『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』にはカウンター席を作ります。 席数は6席。カウンターの向こう側には、ピザ窯。カルツォーネを目の前で焼いたり、魚をおろしたり、はたまたシェイカーをふったり、ワインサー ...

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.