2021年、東京・高尾に開業予定のレストラン

これまでに出逢ったすべての「縁」と「恩」に感謝を込めて、
100年持続するレストランを創りたい。
訪れてくれた人にとって、人生最良の美味しい記憶となればいい。
そんな想いで、2021年の開業を目指し、現在、奮闘しています。
今は失敗ばかり。でも一歩一歩、近づいてるはず。
その記録をご覧ください。

開業奮闘記

サービス哲学

サービス哲学

質問力

人は、自分が思った通り、考えた通りにしか行動できません。 誰かに命令されたことに対して、たとえ行動したとしても、なかなか責任を持てないものです。 うまくいけば自分の手柄、失敗すれば、相手のせい。 それが、人間の性な...
サービス哲学

なぜ下手にでてはいけないか?

サービスというのは、お客さんの言うなりになることではありません。 それでは奴隷です。 サービスは、お客さんを感動させる素晴らしい仕事。 誰にでも出来ることではない。 お客さんに媚びへつらい、ご機嫌をとるのは違...
サービス哲学

クロコダイル・ブレインが喜ぶ話し方

以前、脳の進化は3段階だと書きました。 まず、最初にできたのが、爬虫類脳(クロコダイル・ブレイン)。 次に、大脳周辺系の哺乳類脳。 そして大脳新皮質とよばれる人間脳です。 3つの脳の特徴 爬虫類脳(クロ...
サービス哲学

「フレーム」という考え方

オーレン・クラフ著『シリコンバレーの交渉術~YESを引き出す売り込みの脳科学~』(フォレスト出版)について、何度か紹介しましたが、この本は面白い。 やや分かりにくい比喩表現や、大げさな装飾表現がありますが、神田昌典氏が「10年...
サービス哲学

セールス(営業)とは何か?

セールス(営業)って何だろう。 人は、誰もが何かをセールスしていると思います。 子供は親に愛されるように、好きな人がいれば自分を好きになってもらえるように。料理を作れば、お客さんに食べてもらえるように。一生懸命作った製品を多くの...
サービス哲学

心をつかむのは、意外性

オーレン・クラフ著『シリコンバレーの交渉術~YESを引き出す売り込みの脳科学~』(フォレスト出版)と、ジャック・ワース著『売りこまなくても売れる!説得いらずの高確率セールス』(フォレスト出版)を通して、セールスの学びを深めています。...
サービス哲学

主導権を握るサービス

サービスの立ち位置を、お店として、どのように設定しようか? 考えています。 最近、セールスの勉強をしていますが、先だって紹介した、オーレン・クラフ著『シリコンバレーの交渉術~YESを引き出す売り込みの脳科学~』(フォレスト出版)...
サービス哲学

常に相手のことを考える仕事

セールスという仕事も、レストランの仕事も、常に相手のことを考えなくては成り立たない仕事です。 どうすれば相手に選ばれるか、どうすれば相手は満足するのか、どうすれば相手の期待を上回れるのか、考えなくては繁栄はありません。 このとこ...
サービス哲学

売りこまない選択肢

神田昌典氏が監修している『売りこまなくても売れる!説得いらずの高確率セールス』(フォレスト出版)。 これは、営業、セールスに関する概念を大きく変えます。 初版は2002年。16年前の本ですが、いま読んでも全く古くない。 と...
サービス哲学

デジタルを活用した顧客サービス

デジタルでの人と人とのやり取りなしに、これからのビジネスは成立しなくなるでしょう。レストランの予約も、電話ではなく、ネット予約がどんどん増えているよう。 私が考えているレストランでも、国内外問わず、事前のメールなどのやりとりは増えると...
スポンサーリンク