経営について

ある敏腕経営者からの手紙

ある尊敬する経営者からいただいた手紙をご紹介します。

レストランで店長をしていたとき、良くしていただいたお客さまです。

2代目社長ながら初代が築いた小さな会社を瞬く間に3倍以上成長させた、敏腕経営者でした。

久々に読み返したところ、とても示唆に富んだ内容だったので、個人的な内容は伏せてご紹介させていただきます。

ある敏腕経営者からの手紙

最近、特に「商売とは?」とよく考えるのでどこへ行っても、なんだかんだと気になります。

私なりの答えは、まずは、お客様に必ずや喜んでもらうが第一だということです。

赤字は悪ですので絶対ダメです。

喜んでもらうために15,000円仕入れのワインを10,000円で売るなんてのは、あってはならないのです。

仮にそうしなければならないのであれば、その商売は、成立しないわけですのでやめるべきです。

15,000円仕入れのワインを例えば20,000円で売るとしたらコストとか利益が含まれるとしても、5,000円をお客様に納得させる、それが商売です。

どうやって納得させるのか、喜んでもらうということに戻ります。

どうやって喜んでもらうのかということですね。

私が思うに、高度なテクニックでもなく、当たり前のことを当たり前に、きちっと継続し実行する。

そして正直に誠実にといっただれでも最初に教わることの徹底とそして継続だと思っています。

そんな姿勢が人の心を開けます、人の心を開けると、徐々にファンが増える、すると情報やヒントが増える、情報やヒントが増えると、豊富なノウハウになり、喜んでもらえることにまたつながってゆく、ということはないでしょうか。

結果としてお金が残るのだと思います。

大変だけど商売は素晴らしいものです。

お互い頑張りましょう!

PS.

いつもよく一人で来られるあのおばあさんを見ていると、私が妻より先に逝ったらああやって、よく二人で来た思い出のお店に一人で来るのかなと思いを馳せると、なんだかしんみりするのです。

あえて、句読点も校正せず、社長の息づかいがそのまま伝わるようにしました。

ちなみに、追伸で書かれている「一人で来られるあのおばあさん」については以前の記事でも書かせていただいたことがあります。

シャンパーニュ
自社にとっての、戦略上のお客様とはいったい、どういう人なのか?事業において「誰を顧客とするか?」は戦略上、もっとも大事な命題です。 飲食店に置き換えると、誰が顧客かわからなければ、どんな料理を...

だれでも最初に教わることの徹底

この手紙を読むと、背筋がピシッとなります。

正直に誠実にといっただれでも最初に教わることの徹底とそして継続」が、人の心を開き、ファンになる

こうしたことを堂々と、よどみなく言える経営者がどのくらいいるでしょうか?

ABOUT ME
HICO(ぞろ屋)
バーテンダー➡料理人➡シニアソムリエ➡飲食店運営➡トップセールス・マーケター➡WEB制作/ECサイト運営/WEBライティング。 幅広い経験とスキルを活かしデザイナーやエンジニアでは作れない持続性のある戦略的サイト構築が得意。実はコンテスト受賞経験もあるシニアソムリエとしての顔も持つ。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!