2021年、東京・高尾に開業予定のレストラン

これまでに出逢ったすべての「縁」と「恩」に感謝を込めて、
100年持続するレストランを創りたい。
訪れてくれた人にとって、人生最良の美味しい記憶となればいい。
そんな想いで、2021年の開業を目指し、現在、奮闘しています。
今は失敗ばかり。でも一歩一歩、近づいてるはず。
その記録をご覧ください。

開業奮闘記

人間学

サービス哲学

質問力

人は、自分が思った通り、考えた通りにしか行動できません。 誰かに命令されたことに対して、たとえ行動したとしても、なかなか責任を持てないものです。 うまくいけば自分の手柄、失敗すれば、相手のせい。 それが、人間の性な...
人間学

営業とは?

営業という職業についている人もそうでない人も、営業という概念は生きていく上で欠かせないと思います。 営業成果は、相手に商品やサービスを買ってもらうことではじめて成り立ちます。 売上構成は、お客さんの数×ひとりあたりの単価×購入率...
その他、雑感・雑学

今日は、正しく生きただろうか?

日々、振り返ること。 今日は、正しく生きただろうか? 何が正しいのか、を決めるのは私にとって、簡単ではありません。 あなたにとって、正しさとは? と急に聞かれると困るのです。どう答えようか、迷います。 ...
その他、雑感・雑学

理不尽さへの対処

理不尽だな、と思うことは、生きていれば度たび、出くわします。 いつ起こるかわからない地震など自然災害もそうです。 ですがそれ以上に、人間関係において感じる理不尽さは、どう捉えるかで結果は大きく変わるように思います。 なぜ、...
人間学

自分に矢印を向ける覚悟

森岡毅氏は最も尊敬するマーケッターです。 人間が熱い。 ともすると、マーケティングとは、デスクに座ってキーボードをたたきながら、あらゆるフレームワークを当てはめ、どうすれば売れるようになるのか、考え施策を練る仕事だと思われがちで...
人間学

人生を変える出会い

神田昌典氏は最も有名なマーケッターのひとりで、私もその著書は多く読んできましたが、神田氏がこんなことを言っていました。 「人生を変える出会いっていうのは3つあると思うんですよ。」 ひとつは、人との出会い。 もうひとつは、本...
人間学

代々伝わる達磨『七転八起』

祖父が大事にしていた絵をもらいました。 祖父のお兄さんが書いた達磨の絵。筆一本で書かれた達磨で、墨の濃淡だけで、威厳のある目や厳めしい髭、転んでも立ち上がる不屈の強さを表現しています。 「これはおれの大事な絵だから、お前に授ける...
人間学

信念のない仕事はしない

信念のない人は、何度も同じミスを重ねる傾向があります。そして、言い訳も多いです。 かつての私自身がそうでした。 オーダーの取り間違い、清算間違い、釣り銭間違い、どれもお客様に迷惑をかけるミスです。これは小さいか大きいかではない。...
人間学

今日は何を考えて生きた?

今日、話をした人の数。 会って話した人は、14人。電話では、20人。 合計34人。多いか少ないかわかりません。でも、レストランで働いた時は、もっと多くの人と毎日話していました。 だからでしょうか、寂しく思うことがあります。...
人間学

万物わが師

今日学んだ事は何だろうか? ふと、一日を振り返り、愕然とすることがあります。 忙しさにかまけて、何も学んでいなかったのではないか、、、 そんな思いをしない為に、何事からも学ぶ姿勢を、保っていたいと思います。 学ぼうと...
スポンサーリンク