人生を変える良書

『非常識な成功法則』神田昌典著

本当にその気があるなら、だれでも成功できる。

成功者の絶対数が少ないのは、その気になれない人があまりに多いから。

これは、神田氏のコトバではありません。

私の実感です。

もし、その気があるなら、この本を読めばかならず成功できます。

『非常識な成功法則』神田昌典著

成功するためには必要なことを学んで、やればいい

神田氏は、いいます。

成功する為には、必要なことを学んで、やればいいだけの話である。

そして、必要なことは、ほんの少ししかない。

では、必要なこととは何か?

神田氏は8つの習慣を提案しています。

あえて、原著の表現を避けて、私なりに理解しやすい表現に変えて記載します。

1.やりたくないことを見つける

2.自分に催眠術をかける

3.自分に都合のいい肩書を持つ

4.オーディオ学習をする

5.断る営業ができるようになる

6.お金を溺愛する

7.成功への階段を作る

8.光と影の法則を知る

もっとも重要で成果が出る習慣

この中で、もっとも重要で成果が出る習慣はなにか?

神田氏いわく、成功者がめったに口にせず、むしろ隠したがる非常識な方法。

それは「1.やりたくないことを見つける」で紹介されているたったひとつの行動です。

紙に書く。

たった、それだけ。

脳のメカニズム

より詳しく書くなら、やりたくないことを明確にして、自分のミッションを見つけ、その目標なり実現したいことを紙に書くんです。

紙に書くと実現する、というのは脳のメカニズムを知るとより信ぴょう性が高まります。

カンタンにいうと、紙に書いた目標は、ふだん忘れているとしても潜在意識の中で検索され続けていて、実現するために必要な情報を収集し、アクセスし続けるというんです。

この脳のメカニズムを活かすのに、紙に書くというのはもっとも効果的なんだとか。

これは、私自身、身をもって体験していますし、まだその途上。

だから私は、何をおいても、書き続けることをやめたくありません。

やりたくないことを明確にして、自分のミッションを見つけ、その目標なり実現したいことを紙に書く。

たったこれだけのことを知って行動するだけでも、本書を読む価値はあります。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!