人生を変える良書

『非常識な成功法則』神田昌典著

本当にその気があるなら、だれでも成功できる。

成功者の絶対数が少ないのは、その気になれない人があまりに多いから。

これは、神田氏のコトバではありません。

私の実感です。

もし、その気があるなら、この本を読めばかならず成功できます。

『非常識な成功法則』神田昌典著

成功するためには必要なことを学んで、やればいい

神田氏は、いいます。

成功する為には、必要なことを学んで、やればいいだけの話である。

そして、必要なことは、ほんの少ししかない。

では、必要なこととは何か?

神田氏は8つの習慣を提案しています。

あえて、原著の表現を避けて、私なりに理解しやすい表現に変えて記載します。

1.やりたくないことを見つける

2.自分に催眠術をかける

3.自分に都合のいい肩書を持つ

4.オーディオ学習をする

5.断る営業ができるようになる

6.お金を溺愛する

7.成功への階段を作る

8.光と影の法則を知る

もっとも重要で成果が出る習慣

この中で、もっとも重要で成果が出る習慣はなにか?

神田氏いわく、成功者がめったに口にせず、むしろ隠したがる非常識な方法。

それは「1.やりたくないことを見つける」で紹介されているたったひとつの行動です。

紙に書く。

たった、それだけ。

脳のメカニズム

より詳しく書くなら、やりたくないことを明確にして、自分のミッションを見つけ、その目標なり実現したいことを紙に書くんです。

紙に書くと実現する、というのは脳のメカニズムを知るとより信ぴょう性が高まります。

カンタンにいうと、紙に書いた目標は、ふだん忘れているとしても潜在意識の中で検索され続けていて、実現するために必要な情報を収集し、アクセスし続けるというんです。

この脳のメカニズムを活かすのに、紙に書くというのはもっとも効果的なんだとか。

これは、私自身、身をもって体験していますし、まだその途上。

だから私は、何をおいても、書き続けることをやめたくありません。

やりたくないことを明確にして、自分のミッションを見つけ、その目標なり実現したいことを紙に書く。

たったこれだけのことを知って行動するだけでも、本書を読む価値はあります。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-人生を変える良書

Copyright© HICO'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.