高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

理念とコンセプト

小さなことを積み重ねる

投稿日:

日々、欠かさず行っている習慣が4つあります。

朝の筋トレ、トイレ掃除、夜の日誌、六方拝です。

これまでも、何度か書いていますが、ある人に、若い人に対してどんなアドバイスをするか?という問いに、思い浮かんだのが「小さなことを積み重ねること」でした。

小さなことを積み重ねる意味

なぜ、小さな事を積み重ねるのが良いのか?

日々、トイレ掃除をして、3年もすると、気づかされます。ああ、この順番で掃除すると楽で、効率がいいな、、、

そんな風に考えてやっていると、自然と、料理の仕込みでも同じように考えるようになってくるのです。

まず、パスタの湯を沸かし始め、すぐに、にんにくをスライス、炒めながら、玉ねぎ切って、フライパンに。その間に、サラダを作り、頃合いをみて、トマト缶をフライパンにいれて、、、、と、段取りが組み立ってくる。

自信がつく

もうひとつ、大きな効果があると思っています。

こうした習慣は、元は、自分との約束でした。私は、小事を疎かにする者、大事を成さず。という言葉を小さい頃から耳にしていた。一方で、細かいことに拘るな、というのも聞いていました。どちらも納得し、どちらも真理だと思うのです。

でも、答えは、真ん中にある。これを仏教では、「中道」というそうです。

やると決めた、自分自身との小さな約束。

これを、欠かさず守ってきた実績は、自分は約束したことが出来るのだ、という確かな自信になる。

トイレ掃除と夢

トイレ掃除は、小さなことかもしれない、でも、トイレ掃除を毎日やる、ということと、100年続くレストランを作る、ということは、本質的には一緒で、何かを成し遂げようと考える時、自分に出来るも出来ないも、トイレ掃除を毎日続けてきたからこそ見える未来があるのだと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-理念とコンセプト

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.