高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

月別アーカイブ:2017年10月

no image

戦略とマーケテイング 料理とワインについて

一口カルツォーネ

2017/10/31  

カルツォーネとは、包み焼きピザのことで、ソーセージやトマト、チーズなどをピザ生地で包み込んで焼くのが定番です。半月型の巨大餃子のようなイメージでしょうか。 これを一口でつまめるようなカルツォーネを作っ ...

no image

理念とコンセプト

P.P.V.

2017/10/30  

『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』の前に構想があったのは、『ピザとワインと魚の店HICO』でした。 まだ、開業前ですから、あらゆる可能性とリスクを考え、自由な発想でこだわらず考えていきたいと思います ...

no image

その他、雑感・雑学

高尾は中国に買い占められつつある!?

2017/10/29  

『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』は東京八王子市の高尾に開業予定です。 ここでひとつ、気がかりな情報が入りました。 高尾一帯に、中国の資本が入っているというのです。詳細はまだ確認できていないので、こ ...

no image

その他、雑感・雑学

耳で読む「Audible(オーディブル)」

2017/10/28  

重宝しているツールがあります。 Amazonが提供しているサービスで、Audible(オーディブル)。 本を聴く。というコンセプトのツールで、書籍として出版されたものを、プロのナレーションで朗読してい ...

no image

その他、雑感・雑学

副業のススメ

2017/10/27  

開業資金を稼ぐため始めたことでしたが、政府の斡旋もあって、在宅ワークなど副業がさかんになってきている印象です。 何度も書いてますが、AI・ロボット産業が発達すれば、生きていくために必要なのは人が持って ...

no image

戦略とマーケテイング

弱者の戦略

2017/10/26  

よく引用させてもらっている『孫子』には、弱者の戦略がはっきりと書かれています。 「」 用兵の方は、重なればすなわちこれを囲み、五なればすなわちこれを攻め、倍すればすなわちこれをわかち、敵すればすなわち ...

no image

戦略とマーケテイング

兵の形は水にかたどる

2017/10/25  

私のバイブル『孫子』。 たびたび紹介していますが、中でも好きな一節をご紹介します。 「」 それ兵の形は水にかたどる。水の行は高きを避けて低きにおもむく。兵の形は実を避けて虚を撃つ。水は地によりて行を制 ...

no image

戦略とマーケテイング

アートの価値が高まる時代

2017/10/24  

働き方改革については以前も書きました。 >>>50%の職が消える時代に自由を選択すること これまで「残業」という日本国民の汗と涙と、苦しみの結晶が、国力をなんとか保っていたのに、それ ...

no image

遊び心

電子書籍出版『シャトー・オー・ブリオン』

2017/10/23  

世界の頂点に君臨する5つのワイン物語、第五巻はシャトー・オー・ブリオン。これで、5つ出そろいました。 5大シャトーに立ち向かった、イタリアのサッシカイア、カリフォルニアのオーパスワンの物語も後々、電子 ...

no image

遊び心

電子書籍出版『シャトー・ラフィット・ロートシルト』

2017/10/22  

世界の頂点に君臨する5つのワイン物語。第四巻は、シャトー・ラフィット・ロートシルト。これも電子書籍化しました。 5大シャトーの中でも最も気品あふれるワインです。

no image

遊び心

電子書籍出版『シャトー・ラトゥール』

2017/10/21  

シャトー・ムートン・ロートシルト、シャトー・マルゴーに続き、シャトー・ラトゥールの物語も出版しました。 一度、電子書籍出版になれると、あとは元さえあればどんどん出版できます。凄い時代になりました。

no image

料理とワインについて

イタリア・ヴェネト州の白ワイン

2017/10/20  

イタリア・ヴェネト州の白ワインの印象ストーリー ワイングラスの脚がこんなにも細くて長いのは女性の指先を美しく見せるからだとなにかで読んで、なるほどな、と思った。 五年前、僕はある女性に出会って、彼女の ...

no image

人を育てること 人間学

相手が自分だったら?

2017/10/19  

相手の立場に立って考えることを心がけてます。 でも、これが一筋縄ではいきません。もし、相手が自分だったら?そう考えた時、自分の感覚、価値観で考えてしまうと上手くいきません。相手は自分じゃない。その原則 ...

no image

遊び心

食卓の小人

2017/10/18  

絵本を作ろうかな、と思ってます。 先だって、紹介していたイタリアの道化師プルチネッラをモチーフにしたキャラクターで、題して『食卓の小人』。 >>>プルチネッラについてはこちら ストー ...

no image

人を育てること

本の読み方で仕事ができるか分かる

2017/10/17  

先日、立ち読みをしていたら、面白いことが書いてありました。 本の読み方で仕事ができるかどうかが分かる、というのです。どういうことかと読んでみると、最初の1ページから生真面目に順番に読んでいく人は仕事の ...

no image

その他、雑感・雑学

効率の良い集中力の活かし方

2017/10/16  

朝の気は鋭、孫子でも言います。 それには、理由があるようです。寝て起きた直後というのは、脳がすっきり整理されて、新たに物事を考えたり、新しい知識を入れるのに向く。だから、朝はクリエイティブな仕事、イン ...

no image

遊び心

電子書籍出版『シャトー・マルゴー物語』

2017/10/15  

シャトー・ムートン・ロートシルト物語は、すでに電子書籍として出版していましたが、この度、シャトー・マルゴー物語も出版しました。 他の5大シャトー物語は、どんどん出版を進めていきたいと思います。

no image

開業準備

ドロップシッピングについて

2017/10/14  

ドロップシッピングをご存知でしょうか。 ドロップシッピングはアフィリエイトに似たインターネットビジネスで、在庫を抱えずにネットショップを開ける画期的な運営方法です。 アフィリエイトと同じように、サイト ...

no image

開業準備

サブ店舗、カルツォーネ専門店

2017/10/13  

『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』は、高尾山周辺に開業するメイン業態となるレストランです。一方で、サブ店舗として『カルツォーネ専門店』を出店しても面白いかもしれないと考えています。そう一気には難しい ...

no image

サービス哲学

カウンターへの執着

2017/10/12  

『溶岩焼とカルツォーネの店HICO』にはカウンター席を作ります。 席数は6席。カウンターの向こう側には、ピザ窯。カルツォーネを目の前で焼いたり、魚をおろしたり、はたまたシェイカーをふったり、ワインサー ...

no image

サービス哲学

客席のフロア設計

2017/10/11  

客席のフロアについて、いま考えているのは、20~30帖ほどの空間を区切るような設計です。区切る、というのは、たとえば、パーテーションのように、自由に間取りができる方式で、理想は自由自在に移動する壁。 ...

no image

開業準備

暮らしの質が収入に繋がる仕組み

2017/10/10  

ビジネスは、新しい仕組みを作ったら勝ちだと思います。 その仕組みを、ビジネスモデルと呼びますが、ひとつ、私に温めている考えがあります。暮らしの質を向上させることで、収入に繋がる仕組み作りです。これは可 ...

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.