スポンサーリンク

人を育てること

ライフワークバランス

投稿日:

いきなりですがドイツでは、日曜祝日は、ほとんどすべての国民が家族と共に過ごし、仕事をしないそうです。レストランも娯楽施設も、商業施設も空いてません。営業してはいけない、という決まりもあるそうで。

メリハリがとてもはっきりしているんだそうですね。

それでも、GDPは日本に次ぐ、世界第4位。一人あたりの生産性は、日本を凌ぎます。まして、日本は、朝から晩まで、働き詰め。それではじめて、世界第3位の座にいれる。

その理由のひとつに、日本は、消費者主体で、消費者に合わせてサービスが強化されてきたからであろうと推測されています。お客様は神様、というのはサービス業においてしばしば言われることですが、それは受け取り方を間違えば、消費者への隷属化です。

ワークライフバランス

実際、コンビニに限らず24時間営業をした飲食店のほとんどが、今、苦境に立たされている。人手が少なく、消費者の為に営業時間をのばしても、労働価値は下がる一方で、単価もあげられず、悪い循環に入ってしまってるのです。

ドイツはというと、労働者主体です。どんな立場の人でも、休日は休日。お休みです。日々の仕事も、定時にきて、定時に帰る。無駄がありません。

ドイツは、ワークが先に来るのではなく、ライフが先にきます。最近、ワークライフバランスという言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、ドイツでは、逆で、ライフワークバランスの考え方が浸透しているようです。

サッカーのスタイルも、相手が受けやすい位置にパスをするのではなく、そこに走らせるべくパスをします。・・・わかりにくいでしょうか?

ようは、相手に合わせるのではなく、相手に合わさせる、ということです。それがまた、互いの自立性を物語る。パスをする方も自己責任ならば、受ける方も自己責任。受け手がすべてではありません。

このあたりの違いは参考になり、面白いので、また紹介したいと思います。

>>>ライフワークバランス②

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-人を育てること

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.