その他、雑感・雑学

実践している人だけが分かる、非常識な成功法則

毎日、目標を書くと夢は実現するのか?

という記事を以前、書きました。

神田昌典氏『非常識な成功法則』(フォレスト出版)という本を読んでから、実践することにしたのですが、これがすごい。

半信半疑でした。

書くことより、思いの強さだと思っていたのです。

でも、違いました。

毎日、紙に書くとすり込まれる!

神田氏は、

「やりたくないこと」「やりたいこと」を突きつめていくと、いったい、自分が、何のために生きているのか考え始める。それは「ミッション」(使命感)といわれるものだ。人生上の目的意識といってもいい。

―――神田昌典氏『非常識な成功法則』(フォレスト出版)より

と書いています。

毎日、目標を書くと、このミッションが日に日にはっきりとし、目標は脳にすりこまれるという。

寝てる間もそのことについて脳は休まず考える。

すると、どうなるか?

目標実現に向かって、現実も動き始める。。。

さっそく、実現したいことを10個、日誌に書くようにしたら、、、。

少しずつ、現実が動き始めたんです。

想像以上の威力

始めたのは、2019年の2月11日からでした。

2021年東京高尾にグランピングレストランを開業すること。

その為の資金を今年中に2000万貯めること。

そうした目標を、毎日、欠かさず、愚直に、ばかみたいに書いていました。

そのふたつは、もちろん、実現していません。

しかし、10書いた内の2つが、きちんと実現してました

書き始めてまだ2か月。

とても自然な形で、成っていたことに「非常識な成功法則」というのは本当にあるんだなと思い始めてます。

誰もが、今日から出来ること

もし、半信半疑の人は、ご自身でやってみてください。

潜在意識というのは、及び知らぬところで働いているのが分かると思います。

人間は脳の3%しか使ってないそうですが、すごいパワーを持ってるんですね。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!