高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

過去の情報よりも、未来の情報で頭を埋め尽くす!

投稿日:

2021年、東京高尾に日本初のグランピングレストランを開業する。

そう決めたのは、2017年のこと。

今年は2019年。

あと2年ですが、資金は未だ、貯まってません。

どうすれば実現できるか?

日々、試行錯誤してる中で、少しずつ、こうすれば実現するのではないかと光が見えてきました。

迷いが少なくなってきた

どっちかな、あっちかな。

はじめは、あっちこっち、見て回り、無駄に時間を過ごしました。

石原明氏の『「成長曲線」を描こう』を読んで、迷いが少なくなってきました。

やることは、大きく2つ。

未来を描くこと(ビジュアリゼーション)と、自分をやる気にさせること(アファーメーション)

これを日々の生活で仕組みとして取り入ればいいんですね。

まだ成功してないから説得力がないかもしれませんが、小さな目標は次々と達成してきてるんです。

ビジュアリゼーション

毎日、実現したいことを日誌に書くようにしてから、大小含めすでに5つの目標を実現しました。

3か月の間です。

この過程がさらに、実現までの道のりを加速させると感じます。

実現することリストを300個書く!

当初、実現することリストは29個しか書いてませんでした。

しかし、石原氏によれば、多ければ多いほどいいという。

最低300個は書いた方が良いと。

そして、未来の情報で頭の中を埋めつくせば、脳はそのことばかり考えるようになる。

潜在意識は、実現するために24時間考え続けるようになるんだそうです。

これが本当なら、利用しない手はありません。

アファーメーション

アファーメーションは営業マンが顧客を訪問する前に、モチベーションを高める手法として広まりました。

自分をやる気にさせることです。

誤解されがちですが、これはできもしないのに「俺にはできる俺にはできる」とやみくもに言い聞かせることではなく、自分を調子づかせるための仕組みづくりなんですよね。

目標を書いて、実現したら消していくのもひとつ。

ポイントは達成可能なカンタンな目標も加えること。

小さくても目標は目標です。

積み重なれば自身になる。

やってもいないのに、言い聞かせるのとは違います。

ご褒美を用意する

私は小さな成果でも出せたら、ほんの少しだけ良いワインを開けます。

たいして価格が張るわけではありません。

それでも、うれしく、いつも以上に美味しく感じるものです。

これから夢を実現させたい、自分らしく主導権を持っていきていきたい。

そういう方に、石原明氏の『「成長曲線」を描こう』はおすすめですのでぜひ読んでください。

ビジュアリゼーションについての詳しい手法は、神田昌典氏の『非常識な成功法則』を読まれるといいと思います。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.