その他、雑感・雑学

マクドナルドではパンの厚み、気泡の大きさまで決まっている!?

藤田田氏をご存知でしょうか?

日本マクドナルドを創業した名経営者で、氏を尊敬する経営者も多い。

私は藤田氏の文章が好きなので、ふとした時についつい読みふけってしまいます。

そして、いつも気付きがある。

マクドナルドのハンバーガーはバンズの厚みから、パン生地の気泡の大きさまで決まっているのは知っていますか?

藤田氏は、あらゆることを科学的な根拠をもって、組み立てています。

「ありがとうございます」の後になんて言う?

たとえば、入店されたお客さんに「ありがとうございます」と笑みを浮かべて言う。

すると多くの人は、瞬間的に催眠術にかかるそうです。

その間、3秒。

催眠状態にあると、命令を受けても反対しない。

だからマクドナルドではマニュアルで「ありがとうございます」の後にはすかさず、

「コカ・コーラはいかがですか?」

「ポテトはいかがですか?」と付け加えます。

お客さんは思わず、「OK」となる。

科学する心がけ

パスタを食べる時、人がもっとも美味しく感じる温度は何度か?

一流イタリア料理店でも、この問いに答えられるお店は少ないでしょう。

ソース量に対し、何%のパスタ量がベストなのか?

脂質とパスタの太さの関係は?

藤田氏は、マクドナルドにおいて、あらゆることを数字で示し、科学的な根拠を求めました。

ハンバーガーと一緒に勧めるコカ・コーラの温度は摂氏4度がもっともうまい。

といったことを分かったうえで、4度に設定しているのです。

バンズの厚さが17ミリである理由

マクドナルド・ハンバーガーのバンズの厚さは17ミリと決まっています。

なぜか?

人の口に入った時に、いちばん美味しいと感じるパンの厚さだからです。

しかもパンの気泡は、5ミリが良い、ということまで突き止めている。

だから、マクドナルドのバンズは5ミリの気泡でできているんだそうです。

もちろん、バンズに挟むバーガーにも美味しい根拠がある。

肉を焼く鉄板の厚み、ベストな表面温度と、焼成時間。

すべて、もっとも美味しいとされる基準があります。

こうした「科学する心が儲かることにつながっている」と藤田氏は言います。

逆にそこまで突き詰めなければ、マクドナルドの成功はなかったのでしょう。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!