高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

スポンサーリンク

その他、雑感・雑学

マクドナルドではパンの厚み、気泡の大きさまで決まっている!?

投稿日:

藤田田氏をご存知でしょうか?

日本マクドナルドを創業した名経営者で、氏を尊敬する経営者も多い。

私は藤田氏の文章が好きなので、ふとした時についつい読みふけってしまいます。

そして、いつも気付きがある。

マクドナルドのハンバーガーはバンズの厚みから、パン生地の気泡の大きさまで決まっているのは知っていますか?

藤田氏は、あらゆることを科学的な根拠をもって、組み立てています。

「ありがとうございます」の後になんて言う?

たとえば、入店されたお客さんに「ありがとうございます」と笑みを浮かべて言う。

すると多くの人は、瞬間的に催眠術にかかるそうです。

その間、3秒。

催眠状態にあると、命令を受けても反対しない。

だからマクドナルドではマニュアルで「ありがとうございます」の後にはすかさず、

「コカ・コーラはいかがですか?」

「ポテトはいかがですか?」と付け加えます。

お客さんは思わず、「OK」となる。

科学する心がけ

パスタを食べる時、人がもっとも美味しく感じる温度は何度か?

一流イタリア料理店でも、この問いに答えられるお店は少ないでしょう。

ソース量に対し、何%のパスタ量がベストなのか?

脂質とパスタの太さの関係は?

藤田氏は、マクドナルドにおいて、あらゆることを数字で示し、科学的な根拠を求めました。

ハンバーガーと一緒に勧めるコカ・コーラの温度は摂氏4度がもっともうまい。

といったことを分かったうえで、4度に設定しているのです。

バンズの厚さが17ミリである理由

マクドナルド・ハンバーガーのバンズの厚さは17ミリと決まっています。

なぜか?

人の口に入った時に、いちばん美味しいと感じるパンの厚さだからです。

しかもパンの気泡は、5ミリが良い、ということまで突き止めている。

だから、マクドナルドのバンズは5ミリの気泡でできているんだそうです。

もちろん、バンズに挟むバーガーにも美味しい根拠がある。

肉を焼く鉄板の厚み、ベストな表面温度と、焼成時間。

すべて、もっとも美味しいとされる基準があります。

こうした「科学する心が儲かることにつながっている」と藤田氏は言います。

逆にそこまで突き詰めなければ、マクドナルドの成功はなかったのでしょう。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、魚を焼いた時、白い塊、時には液や泡のような<白いやつ>が出てくるこ ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.