その他、雑感・雑学

戦略思考を身につける日々の習慣

森岡毅氏は、戦略思考をクセづける習慣を『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』(角川書店)の中で紹介してます。

やり方は、とても簡単。

朝、自分の手を眺めます。

右でも左でも構いません。

中指を筆頭に、人差し指、薬指の3つが長いですよね。

今日すべきことを、3つに選び、重要度順に並べ替えるのです。

そして、夜、1日の終わりに、再び手を眺めます。

決めた3つのことは出来たか出来なかったか?

検証です。

もし出来なかったら、なぜできなかったのか、原因と対策を考える。

基本的にはこれだけ。

時間軸をずらすと人生の戦略もわかる

これを、1日単位でなく、1週間単位、1か月単位、3か月単位、年単位でやってみます。

そうやって時間軸をずらしながら考えていくと、各時間軸ごとの目標のずれみたいなものが見えたりします。

1年で600万貯める。

となれば、半年で平均300万。

3か月では150万。

当初、ひと月で40万を掲げていたら、そのペースじゃ480万しか貯まらないぞ、と気づくわけです。

私のように才能のないタイプは、こうして計算しないといけません。

曖昧、漠然にしていると、失敗します。

残り2つの指は?

3つのことに自分のリソースを分配することはわかった。

では、残り2つの指は?

というと、その長さなりに、70%の力加減で適当に流すそうです。

3つ決めたこと以外は、手を抜くということですね。

余力があれば5つまで。

あとは、やらない。

これが、ランチェスターの「選択と集中」だということなんです。

 

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-その他、雑感・雑学

Copyright© HICO'S BLOG , 2020 All Rights Reserved.