その他、雑感・雑学

人を成功させる才能はあるのかもしれない

個人事業で、WEBサイト制作、WEBライティング、アフィリエイトの3つを主軸にした事業をしています。

もともとはレストラン開業資金を貯める為に、始めた仕事でした。

デジタルのスキルと、これまで500万ほどの私財を投じてきたビジネス知識、マーケティングの知識を活かし、困っている人の役に立てればと始めたことです。

デザインよりも、コンテンツ力

WEBサイト制作は、人を成功させなければ失敗です。

なぜ、サイトを作るのかといえば、自己満足ではありません。

お客さんとなる人に見てもらって、その人に気に入ってもらえる内容にしておかないいけないのです。

デザインはあくまで、その一部

ですが、見渡してみると、デザインばかりで、内容の伴っていないサイトが多いんですね。

マーケティング目線とは?

マーケティング目線で見ていないサイトが多い。

マーケティング目線とは、簡単にいうと、ユーザー目線。

さらに言うなら、ターゲットとなるユーザー目線です。

マーケティングは徹底して消費者の立場に立ち、理解を深めるなければできません。

50代の女性がターゲットなのに、20代の女性に語り掛けるような軽い言葉ではだめなのです。

プログラマーばかりだからこそ勝機があった

自分でいうのもなんですが、WEBサイト制作の仕事はコロナ不況に入っても順調です。

むしろ、相談が増えたかもしれません。

付き合うのは難しいな、と感じた方はすべてお断りしています。

こちらは結構無理をして、サービスさせていただくことも多いので、心情的に共感できなかったり、尊敬できない方をサポートすることはできないし、したくない。

しかしお陰様で、たくさんの良いご縁を頂きました。

WEBサイト制作は事業戦略とは切っても切り離されず、マーケティングなくして成果は得れないはずですが、意外にも、戦略ベースで、マーケティングを意識してサイト制作をしている企業、制作者は極めて少ないのです。

そこが勝機でした。

自分の成功よりも人の成功

サイト制作は、自分の成功を考える余地はありません。

あるとすれば、提供価格設定のところだけでしょうか。

あとはひたすら、クライアント様の成功を意識します。

クライアント様の強みを理解し、隣接する競合他社をリサーチして戦略ターゲットを決めたら、業界の未来を予測しながら、どういう構成とデザインにすれば、持続して勝ち続けられるか、念入りに検証するのです。

人の成功は自分の成功?

禅問答のようですが、そうしてクライアント様の成功を意識して続けていたら、気づけば想像以上に稼げるようになっていました。

もしかしたら、自分が成功しようと頑張っているうちは、どれだけやっても上手くいかないのかもしれない

僕に与えられた試練の軌跡は、そう感じさせるのに十分です。

最近、自分の進むべき道、生き方というのが見えてきた気がします。

以前は、お客様の笑顔の先に理想はあると思ってましたが、それは間違いではなく、まずは相手に貢献することで自分にかえってくるのでしょう。

出来ることをするから仕事になる

誰かが出来ないことを自分が出来る、してあげられる。

だから、仕事になる。

北海道でロケット開発している植松電機の社長、植松勉氏がそんなことを言っていました。

シンプルですが、深い感銘を受けました。

 

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!