その他、雑感・雑学

トップセールスに共通しているたったひとつの考え方

レストランサービスで顧客に満足を超えて、喜んでいただくには、トップセールスでなくてはならないと心の中で思っています。

心の中で、というのは、トップセールスと聞いて、人が思い浮かべるイメージにはかなり差があるからです。

研究したところでは、トップセールスには明らかに、共通している考え方がありました。

もっとも端的にいうと、断ること。

なぜ、トップセールスは顧客を断るのか?

今では営業マンのイメージも多様になってきたと思いますが、多くの人がイメージするのは、頭を下げ「社長、社長」と顧客を持ち上げ、下手に出るパターンでしょう。

でも、トップセールスの態度は真逆と言っていい。

顧客を見下すわけではなく、上段に立つ。

「買っていただかなくても構いません」とハッキリ、言い切ります。

買ってくれる人にだけ営業する

理由はいたって、シンプル。

1分1秒でも早く、買わない人を見切るためです。

マーケットが100あって、そのうちの5人が買ってくれる人なら、その他の95人に一生懸命営業するのは、つらいところがありますよね。

単純な話で、トップセールスはその5人とだけ、商談をし、その他95人は相手にしません。

おまけもある

それだけではありません。

買ってくれない顧客でも、こちらから断わると、顧客の方から興味を持ち始めることがあります

多くの営業マンと違い、こびへつらわず、自信があり、はっきりと断ってくる「この営業マンは何なんだ!?」と気になるわけです。

 

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!