理念とコンセプト

10年先も変わらないテーマ

10年先も変わらないテーマとは?

100年持続するレストランを創るのが私の目的。

ですが、100年先なんて、何がどうなってるのか、わかりません。

気候変動ひとつとっても、これだけ変化の激しい世の中で、予測は不可能です。

ただ、変わらない価値はあると思ってる。

「縁」と「恩」と「感謝」

人が自分を肯定できる時。

それは理念に背いていないか?という問いに対して「イエス」といいきれる時です。

これまでに出会ったすべての「縁」と「恩」に「感謝」を込めて。

それが根底にあって、レストランを立ち上げます。

「縁」「恩」「感謝」

これらを無視して、成り立たない。

100年先も変わらない事です。

ただ、日々のテーマは変化していかなければなりません。

時代は変わり続け、人の価値も、変化していくからです。

10年先も変わらないテーマ

常に、10年先も変わらないテーマを考えていれば、理論的には持続していきます。

いまだけではなく、来年も、再来年も更新されていくからです。

そうはいっても「今」しか見えなくなってしまうのが、ダメなところ。

開業資金を作る為にお金は貯めなくてはならないのに、ついつい色んなワインに手を付けてしまうのが私なのです。

まあそれは投資のひとつとしまして(笑)

それを上回る収入を得ればいいだけの話です。

視点を変えれば見えてくる

さて、10年先も変わらないテーマをどうやって、見つけていくか。

最近、そうか、と思ったことがあります。

視点を変える、あるいはずらすのです。

たとえば、ただペペロンチーノを作るのではなく、ニンニクを使わないペペロンチーノを考えてみる。

流れているテレビCMを見ても、流れなくなったCMは何かを考える。

レストランを繁盛させるにはどうするのかではなく、繁盛させなくするにはどうするのかを考える。

当たり前にあることをないものとして見たり、反対の角度から見たりすることで、見えてくるのかな、と思います。

記事の普遍性

この開業奮闘記は、2017年1月4日から、スタートしています。

2017年は毎日更新。2018年は2日に1度更新。

計算ではそれだけで543記事になってるのですが、最初はたいした考えもなしにとにかく自分の想い、いま感じてることを脈絡なく書いてましたから、すべてに普遍性があるかというとそうではありません。

10年後、読んでも誰かの役に立つ記事

これからは、記事数が減っても、誰かの役に立つ記事を書いていきたいと考えています。

10年後読んだとしても、テーマ自体は色あせていないものを提供したい。

ただの日記なら、個人でしか楽しめません。

また、過去に書いた記事も、一度、更新して、いま読んでも誰かの夢や人生、考え方、興味に貢献できるものであれば、再度タイムフィードに上げていきたいと思います。

量より質を高める

デジタル社会が加速して、誰もがホームページを持ち、誰でも自分の意見を発信できるようになりました。

様々な分野で情報が溢れかえってますが、本当に良質で、為になる情報はその量に比例するでしょうか。

似通った情報が量産されるために、逆にオリジナリティに欠け、発信する意味さえわからなくなります。

これからは、量より、質を重視して、記事を作成していきたいと思います。

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!