2021年、東京・高尾に開業予定のレストラン

これまでに出逢ったすべての「縁」と「恩」に感謝を込めて、
100年持続するレストランを創りたい。
訪れてくれた人にとって、人生最良の美味しい記憶となればいい。
そんな想いで、2021年の開業を目指し、現在、奮闘しています。
今は失敗ばかり。でも一歩一歩、近づいてるはず。
その記録をご覧ください。

開業奮闘記

理念とコンセプト

理念とコンセプト

東京・高尾のグランピングレストラン

グランピングレストラン 新しいジャンルのレストランが、私が考えているレストランです。 これまで、試行錯誤してきました。 アウトドア・レストラン?・・・これでは、顧客がしぼられすぎる。 キャンピング・レストラン?・・・もっ...
理念とコンセプト

大切にしたい原風景

私は、山の中腹に立つ神社やお寺だとかに妙に惹かれます。そこから見下ろす風景が、深い記憶、その意味も感情も解せぬほど漠たるものではあるのですが、心がすっと落ち着くのです。 高いところからの景色が好きなのかというと、そういうわけではありま...
理念とコンセプト

日々、思い、振り返ること

何のために私はレストランを開業するのか、そもそもそこに大義はあるのか? 毎日、思わなければ血肉にはならないと思います。私は特に、忘れっぽい人間です。何を忘れても、この世に生まれた使命は片時も忘れてはいけません。 しかし、何のため...
理念とコンセプト

右ならえはしない

とにかく独自のもの、他のレストランでは味わえないオリジナルをいかに多く提供できるか、料理、サービス、器、仕組み、あらゆる独自ポイントを作り、お客さんに選ばれる理由を構築しないと100年続くレストランなんてできやしないだろうと当初から考えてき...
理念とコンセプト

店名について

当初、店名は『HICO』でした。 溶岩焼とカルツォーネの店HICO。HICO(ヒコ)なら2文字で覚えやすいし、良いのではないかと思いましたが、最近、いや、ずっとかもしれません、それでいいのか?という思いがあります。 100年持続...
理念とコンセプト

日本最古のログハウス、正倉院

100年持続するレストランがコンセプトですから、建物も、長持ちするものを用意したいと考えていました。資金の問題もあるので、すべて理想通りにはいかないでしょうが、まずは、理想を組み立てていきたいと思います。 その為に、出来る準備をしたら...
人間学

続・僕が僕であるために

以前、尾崎豊の楽曲で『僕が僕であるために』について書きました。 >>>僕が僕であるために この楽曲に、私は惹かれ続けています。ことあるごとに思い出す。 その理由が、分かった気がしました。前回の記事でも、 ...
理念とコンセプト

経営理念を考える

個人が人生をどのような信念に基づいて生きていくのか、というのとは別に、公の器として、レストランには経営理念というものが必要だと思います。そこに集う人やお客様、業者様とをつなぐ軸であるからです。 100年続く理念 悩んでいるのは、...
理念とコンセプト

グランピングレストラン

私が作ろうとしていたレストランは、高級レストラン×アウトドアで、 グランピング(ホテルのように設備の整ったキャンプ)とも違う、食事がメインで、一生記憶に残る独自サービス、演出が売りのレストランでした。 東京にあって、登山客世界一...
人間学

くじけそうになった時に想像する事

ある時を境に、私は、自分の夢が、生きる目的が、縁を感じている人、心から感謝している人に恩を返すことになっていることに気付きました。 恩師に言われたことがあります。 「」 自分の為の夢は限界が早い。 でも、人の為の夢は、果...
スポンサーリンク