サービス哲学

ビジネスは、誰かが抱えている問題や課題を解決して初めて生まれる

ビジネスとは何か?

収益を上げることが、ビジネスであるなら、ビジネス(=収益)はお役立ち以外の何物でもありません。

具体的には、誰かが抱えている問題や課題を解決すること。

収益はそのとき初めて、生まれると考えられるからです。

そうでない場合は、人としての誠実さに欠けた時ではないでしょうか?

自分の持っているスキルで人の役に立つ

人はみんな、それぞれ特別。

でなければ、生まれてはこなかった。

2人として、まったく同じ人はいません。

だから使命は、その人にしかできないことを、する。

国を動かす人もいれば、宅配便を届ける人もいて、料理をする人もいれば、ワインを注ぐ人もいる。

やっぱり、それぞれが、それぞれの場所で輝けるのが理想でしょう。

WEB制作×マーケティング×ライティング

自分自身の棚卸をすると、最も人の役に立てるスキルは、WEB制作と、マーケティング、それとライティングを掛け合わせた分野にあるのではないかな、と考えるようになりました。

であれば、磨くべきスキルは「売る力」。

もっと言うと、デジタルで売る力です。

そのスキルで、顧客が抱えている課題を解決する。

自分のやるべき仕事を探す方法

とはいえ、自分のやりたいことが分からない、という人は多いですね。

そもそも、やりたいことをやるのが正解か、というとそうでもありません。

ただ、明確に言えることは「得意なこと」+「やりたいこと」+「求められること」が合わさった時は、それはもう、最高です。

やるべき仕事を探すなら、それを目的として探すのが良いのではないでしょうか。

まずは、自分自身の棚卸

それにはまず、自分自身の棚卸です。

これまでどんな経験を重ねて、どう考え、どんな人と出会って、どういう選択をして来たのか。

それを、洗い出します。

私はエクセルで、自分自身に問いかける質問を50個くらい設けて、記入していきました。

その一部を紹介しますね。

自分の棚卸ノート

1.幼少期~小学生(0~12才)
最も古い記憶はどんな記憶?
それは何才のころ?
最も古い他の誰かとのエピソードは?
親に言われたことで覚えてることは?
親以外の大人に言われたことで覚えていることは?
どんなことで褒められた?
どんなことで怒られた?
哀しかったエピソードはある?
楽しかったエピソードはある?
将来の夢は何だった?
2.中学~高校期(13~18才)
中学時代、最も記憶に残っているエピソードは?
高校時代、最も記憶に残っているエピソードは?
人に褒められてうれしかったことは?
※思いつくこと全部、あらいざらい
振り返ると失敗したなーと思ってることは?
もっとこうしておけば人生変わっただろうな、と思う事は?
あれは成功したなーと思うことは?
いちばん時間を費やしたことは?
いちばん頑張ったなと思えることは?
どんなことが苦手だった?
どんなことで悩んでいた?
どんなことが得意だった?
周囲からよく言われたことは?

こんな感じです。

ご参考になれば嬉しいのですが。

いずれ、スモールビジネスを組み立てるプロセスのひとつとして、プログラム化しようと思っています。

もし、自分棚卸シートが欲しい方は、ご連絡ください。

エクセルシートでお送りしますよ(^^)/

ABOUT ME
HICO
HICO
ほんの小さな感動が、誰かの人生をちょっと変える。そんな食体験を通して人類に貢献することが僕の使命です。目標は「100年レストラン事業」。お金も才能も人脈もありませんが、実現させるために日々、愚直に考えていることを綴ってます。
人生のアフターコロナ対策、お決まりですか?

コロナショックにより、人の暮らしから考え方、働き方は大きく変わるのでしょう。

どうなるのか?というよりも、どう生きたいのか?

たいせつな人たちと楽しく人生を送る為に必要な資産と、生き方を、ない頭で頑張って考えてます。あなたのお役に立てれば幸いです!