スポンサーリンク

理念とコンセプト

核となるメニュー案

投稿日:

HICOの看板メニューといえば【カルツォーネ】!?

100年続く為に何を中核にするか、昨日考えました。(⇒その記事へ)

そのために最低限満たさなくてはならない条件は5つ。

①どんなに時代が変わっても変わらず愛され続けるような美味しい料理であること。

②原料が枯渇することなく、価格も安定していて、持続して製造できること。

③レストランではもちろん、テイクアウトでも通販でも提供可能であること。

④真似されにくく、新規参入も難しい。他社と差別化できるメニューであること。

⑤そこから派生させられる可能性が広いこと。

ピッツァはどうだろう?

以上の条件を満たすものとして、現段階ではピッツァではないかと考えています、という昨日の結論でした。でも単にピッツァなら、宅配ピザや本格的なピッツェリアは飽和状態。そこに挑んでもどうしたって後発組です。

それならば、ピッツァはピッツァでも【カルツォーネ】はどうだろうか?カルツォーネはイタリア語で「ズボン」という意味で、簡単に言えばピッツァの具材を中に包み込んでオーブンで焼き上げた大きな餃子のようなピッツァです。(⇒Wikipedia)

私は学生時代にナポリピッツァに出会い、そこから虜になりました。

ナポリピッツァは400度を超える石窯で短時間で焼き上げるピッツァです。一般的なオーブンで焼き上げるクリスピーな生地とは違い、もちもちとして、小麦本来の旨さと絶妙に焦げた香ばしさが際立つのが特徴です。

レストランHICOには差別化という意味でも、石窯は導入したいと思っています。

カルツォーネ専門店 HICO!?

たとえば、カルツォーネ専門店はどうか。調べてみると、すでにありました。でも幸い、私が考える「カルツォーネ専門店」とは目的も、戦略も戦術も違うようです。

まだ確信は持てていませんが、HICOの核となるメニュー有力候補にカルツォーネをあげておきます。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-理念とコンセプト

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.