スポンサーリンク

理念とコンセプト

100年続くレストランを創りたい

投稿日:

レストラン開業がGOALじゃない。

目的はその先、100年続くこと・・・

「兵は国の大事なり、生死の地、存亡の道、察せざるべからざるなり」

孫子の兵法の第一文です。戦は国家にとって重大事だ。人の生死に関わり、国家の存亡が決まる。だからよくよく考えないといけない。

レストランHICOは私にとって「城」です。攻め込まれてすぐに落ちるような城なら創らない方がマシ。いま、多額の借金を抱えながら築城しようとしている。これは私にとって、末代まで平安の世を創る戦なんです。

やる前に勝つ!

このサイトを立ち上げたのも、そうした考えがあったからでした。孫子の別の一文に「勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝を求む」とあります。

勝つ人は戦う前に勝つ算段がたってから挑むが、負ける人は戦いが始まってから勝とうとする。

私は32歳くらいまで、後者でした。何事も事が起こってから全力を尽くすので、たとえ勝っても損害が大きかったり、大きなチャンスを逃していたりする。借金が積もり積もってしまったのもきっと、そのせいですね。

でも、これからは違う。生き方を変えます。

そのためにまず、習慣を変える。同じように朝起きて、同じように眠っていたら、何も変わらない。特に私は、自分でもつくづく思うのですが、俺って怠け者だな・・・と自覚してますから、まず怠けないための方法を考えます。

ルールを作る

私はまじめなので、ルールができちゃうと、従わないと悪いことした気になります(笑)守れないものは最初から無視しますが。ただ、自分で決めて、手帳に記したルールは守らないとすべてが崩れてしまう気がして、守らざるをえなくなります。

2017年に決めたルールのひとつは、毎日この奮闘記を更新する。です。

それだけで早起きになりましたし、仕事をこなしながら、考える習慣ができてきました。

よく読まれている記事

1

世の中の99%の飲食店が「味」で勝負する中、「吸い込むスピード」で勝負した人がいます。 藤田田氏です。 最近、藤田氏の著作を読み返していて、改めてその視点の高さと、数学的根拠から発想した施策の数々に驚 ...

2

生物学から読み解く料理のヒント イカやタコはどのような進化を経て、いまの姿になったのかご存知ですか? 先日読んだ本『ウニはすごいバッタもすごい』(本川達雄著/中公新書) で詳しく知ったのですが、元々は ...

3

白いやつの正体とは? 魚や肉を上手に料理するには、たんぱく質の理解が欠かせません。 たんぱく質をどう料理するのが適切か学んでいる中で、ふと疑問に思うことがありました。 魚を焼いた時に表面に現れる白い塊 ...

4

集客は、アイデア次第。 お金を使って集客はできますが、考えることで、コストを大幅に削減することができます。 かならずしも、広告媒体を使う必要はないのです。 スターバックスの集客アイデアは、他の飲食店で ...

5

科学的に美味しさを考えてみる 以前、美味しさの構造について書きました。 環境が美味しさに及ぼす影響が大きいと、その時に答えを出していますが、もう少し科学的見地から考えるとどうなるのか?人が単純に、口に ...

6

面白い本を読みました。 マーケティングの本ですが、事例が豊富で、セールスのヒントが詰まってます。 ジョセフ・シュガーマン著『シュガーマンのマーケティング30の法則』(フォレスト出版)。 その第一章から ...

-理念とコンセプト

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.