お金才能人脈もない僕が

「100年レストラン事業」

成功させるため愚直考えた事

その他、雑感・雑学 開業準備

2019/12/5

飲食店の平均年収、その限界と突破方法

飲食店の平均年収は、300万円だそうです。 日本の平均年収は422万円ですから122万円も低いのですね。 ただ、年齢、性別によってもだいぶ変わるようです。 下記、20代から40代の日本人平均年収と、飲食店で働く男性、女性それぞれの平均年収をざっくりまとめてみました。 日本の平均 飲食店勤務 男性 飲食店勤務 女性 20代 346万円 243万円 227万円 30代 436万円 319万円 255万円 40代 517万円 373万円 250万円 この数字を見ると、若い人は飲食店で働こうとは思わないですね。 ...

その他、雑感・雑学

2019/12/2

精神的な鎖国状態でいることの危うさ

宗教、政治、経済、歴史・文化。 この5つをコツコツとで良いから学んでおくように、と言われました。 グローバル社会において欠かせない、必要最低限の知識だからです。 インターネットの発達、AIの技術革新により、物理的な国境がなくなってきました。 日本は世界の中でどういうポジションにいて、どんな強みがあり、弱みは何か。 ということが分かっていないと、世界がますますグローバルになっているのに、日本は取り残されていくでしょう。 私はグローバルな視点に明るい訳ではありませんが、マーケティング視点で考えた時、非常に危う ...

no image

開業準備

2019/11/29

キッチンカーでパスタ専門店

自然災害が多発する昨今、持続可能性を考えると、ひとつのところに留まるのはリスクが高いかもしれません。 台風で建物が壊れれば一貫の終わりですし、たとえ建物が無事でも、周辺に被害が大きければ、お客さまも来られません。 絶対に安全な場所、というのもないでしょう。 では、移動型レストランならどうか? 移動する車の中で食事をとってもらうのも一案ですが、一般にはキッチンカーやフードトラックと呼ばれるものが主流です。 タコ焼きや、クレープ販売などがメジャーですね。 キッチンカー キッチンカーを調べてみると、想像以上に導 ...

no image

人を育てること

2019/11/26

徳川家康の人材マネージメント

徳川家康という人は、ずば抜けた能力はなかったのに天下を取れた。 らしい・・・。 そんなわけない、と思う一方、ではなぜ天下をとれたのか、興味が湧きました。 少なくとも265年という、長期政権を築いたわけです。 その仕組みの礎は、家康がほとんど作ったというから、只者ではないと思うのですが・・・ 100年レストラン事業を築く身としては非常に気になります。 家康の理想の人材像 こんな逸話が残ってます。 「素手で刃物を獲る馬鹿」という話。 あるとき、家康の居城、浜松城で気の狂った者が無差別に太刀を振り回し暴れ始めた ...

サービス哲学

2019/11/23

織田信長が感動した徳川家康の接待

織田信長の多年の宿敵といえば、武田信玄。 信長が武田家を滅ぼしたとき、信玄はこの世を去っていましたが、上方へ凱旋する信長の心は晴れやかでした。 このとき信長47才。 それは本能寺で没するわずか1か月半ほど前の話でした。 信長は意外にも、富士を見たことがなかったそうです。 武田家の領地であった甲府に入った時、側近に聞きました。 「富士というのは、まこと、美しいか」 いかにも美しゅうございます、と答えると、 「絵や歌にあるように美しいか」 と何度も聞いたという。 それを聞いた徳川家康は、ぜひ駿河を通って凱旋す ...




NEW ENTRY

その他、雑感・雑学 開業準備

2019/12/5

飲食店の平均年収、その限界と突破方法

飲食店の平均年収は、300万円だそうです。 日本の平均年収は422万円ですから122万円も低いのですね。 ただ、年齢、性別によってもだいぶ変わるようです。 下記、20代から40代の日本人平均年収と、飲食店で働く男性、女性それぞれの平均年収をざっくりまとめてみました。 日本の平均 飲食店勤務 男性 飲食店勤務 女性 20代 346万円 243万円 227万円 30代 436万円 319万円 255万円 40代 517万円 373万円 250万円 この数字を見ると、若い人は飲食店で働こうとは思わないですね。 ...

ReadMore

その他、雑感・雑学

2019/12/2

精神的な鎖国状態でいることの危うさ

宗教、政治、経済、歴史・文化。 この5つをコツコツとで良いから学んでおくように、と言われました。 グローバル社会において欠かせない、必要最低限の知識だからです。 インターネットの発達、AIの技術革新により、物理的な国境がなくなってきました。 日本は世界の中でどういうポジションにいて、どんな強みがあり、弱みは何か。 ということが分かっていないと、世界がますますグローバルになっているのに、日本は取り残されていくでしょう。 私はグローバルな視点に明るい訳ではありませんが、マーケティング視点で考えた時、非常に危う ...

ReadMore

no image

開業準備

2019/11/29

キッチンカーでパスタ専門店

自然災害が多発する昨今、持続可能性を考えると、ひとつのところに留まるのはリスクが高いかもしれません。 台風で建物が壊れれば一貫の終わりですし、たとえ建物が無事でも、周辺に被害が大きければ、お客さまも来られません。 絶対に安全な場所、というのもないでしょう。 では、移動型レストランならどうか? 移動する車の中で食事をとってもらうのも一案ですが、一般にはキッチンカーやフードトラックと呼ばれるものが主流です。 タコ焼きや、クレープ販売などがメジャーですね。 キッチンカー キッチンカーを調べてみると、想像以上に導 ...

ReadMore

no image

人を育てること

2019/11/26

徳川家康の人材マネージメント

徳川家康という人は、ずば抜けた能力はなかったのに天下を取れた。 らしい・・・。 そんなわけない、と思う一方、ではなぜ天下をとれたのか、興味が湧きました。 少なくとも265年という、長期政権を築いたわけです。 その仕組みの礎は、家康がほとんど作ったというから、只者ではないと思うのですが・・・ 100年レストラン事業を築く身としては非常に気になります。 家康の理想の人材像 こんな逸話が残ってます。 「素手で刃物を獲る馬鹿」という話。 あるとき、家康の居城、浜松城で気の狂った者が無差別に太刀を振り回し暴れ始めた ...

ReadMore

サービス哲学

2019/11/23

織田信長が感動した徳川家康の接待

織田信長の多年の宿敵といえば、武田信玄。 信長が武田家を滅ぼしたとき、信玄はこの世を去っていましたが、上方へ凱旋する信長の心は晴れやかでした。 このとき信長47才。 それは本能寺で没するわずか1か月半ほど前の話でした。 信長は意外にも、富士を見たことがなかったそうです。 武田家の領地であった甲府に入った時、側近に聞きました。 「富士というのは、まこと、美しいか」 いかにも美しゅうございます、と答えると、 「絵や歌にあるように美しいか」 と何度も聞いたという。 それを聞いた徳川家康は、ぜひ駿河を通って凱旋す ...

ReadMore

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.