高尾山の麓で2021年開業予定のグランピングレストラン

東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ

2021年開業予定、グランピングレストラン

その他、雑感・雑学

2019/4/18

実践している人だけが分かる、非常識な成功法則

毎日、目標を書くと夢は実現するのか? という記事を以前、書きました。 神田昌典氏『非常識な成功法則』(フォレスト出版)という本を読んでから、実践することにしたのですが、これがすごい。 半信半疑でした。 書くことより、思いの強さだと思っていたのです。 でも、違いました。 毎日、紙に書くとすり込まれる! 神田氏は、 「やりたくないこと」「やりたいこと」を突きつめていくと、いったい、自分が、何のために生きているのか考え始める。それは「ミッション」(使命感)といわれるものだ。人生上の目的意識といってもいい。 ―― ...

戦略とマーケテイング

2019/4/15

独自の4ステップマーケティング

4ステップマーケティングとは? 4ステップマーケティングは、経営コンサルタントの石原明氏が提唱したマーケティング手法です。 そのフローはいたって、シンプル。 集客⇒見込み客フォロー⇒販売⇒顧客化。 2003年に石原氏が提唱したモデルですが、これを踏まえて発展させた企業も多いそうです。 これは、自社の商品・サービスが売れる「仕組み作り」をどのような焦点に絞って取り組めばいいか、教えてくれます。 私はこれを、自分なりに解釈し、あてはめ、オリジナルモデルとして育てていきたいと考えています。 集客 飲食店の多くは ...

その他、雑感・雑学 戦略とマーケテイング

2019/4/12

飲食店は10年後、どうなっていくのか?

驚異の閉店率 ご存知でしたか? 開業して3年、持続できる飲食店は50%。 5年となると70%のお店が閉店します。 これは、2013年~2018年の統計データですが、これからは下の3つの理由により、ますます厳しくなると予測されています。 ●人手不足 ●原価高騰 ●差別化戦略 その根本にあるのは、超高齢化と、人類未踏の縮小社会。 確実に減少する国内マーケット 2025年には3人に1人が65才以上。 人口は、1億2千万人を下回ることがほぼ確定しています。 飲食店のマーケットは確実に小さくなります。 当然ですよね ...

戦略とマーケテイング

2019/4/9

マクドナルドはなぜV字回復したか?

マクドナルドが地獄を見ることになったきっかけは、2014年7月のことでした。 期限切れの鶏肉使用問題が発覚したのです。 当時、映像を見た時はぞっとしました。 色の変わった、鶏肉。 床に落ちた鶏肉を平気で使う人。 中国の生産工場での一場面でした。 さらに、追い打ちをかけるように事件は続きます。 2015年に異物混入が相次ぎました。 ねじ、プラスチック片、ビニール・・ 赤字は300億円まで膨らんだといいます。 2018年は235億円の黒字! 事の発端からわずか4年。 見事、V字回復を果たしました。 さすが、藤 ...

料理とワインについて

2019/4/6

2020年以降、料理人が考えること

飲食店を巡る環境は、大きく変わっています。 日本は、2025年に3人に1人が65才という、超高齢化社会を迎えます。 人口は、増えることはありません。 人類未踏の縮小社会において、料理人は何を考えるべきなのでしょうか? 2020年オリンピック 2020年はオリンピックというビッグイベントがあり、国外から多くの流入を見込めます。 これが、唯一の光。 ちなみに2025年は、大阪万博がありますが、まだ未知数です。 2020年以降、実際的な需要が激減するはずです。 飲食店はもちろんのこと、すべての業種が備えを迫られ ...




NEW ENTRY

その他、雑感・雑学

2019/4/18

実践している人だけが分かる、非常識な成功法則

毎日、目標を書くと夢は実現するのか? という記事を以前、書きました。 神田昌典氏『非常識な成功法則』(フォレスト出版)という本を読んでから、実践することにしたのですが、これがすごい。 半信半疑でした。 書くことより、思いの強さだと思っていたのです。 でも、違いました。 毎日、紙に書くとすり込まれる! 神田氏は、 「やりたくないこと」「やりたいこと」を突きつめていくと、いったい、自分が、何のために生きているのか考え始める。それは「ミッション」(使命感)といわれるものだ。人生上の目的意識といってもいい。 ―― ...

ReadMore

戦略とマーケテイング

2019/4/15

独自の4ステップマーケティング

4ステップマーケティングとは? 4ステップマーケティングは、経営コンサルタントの石原明氏が提唱したマーケティング手法です。 そのフローはいたって、シンプル。 集客⇒見込み客フォロー⇒販売⇒顧客化。 2003年に石原氏が提唱したモデルですが、これを踏まえて発展させた企業も多いそうです。 これは、自社の商品・サービスが売れる「仕組み作り」をどのような焦点に絞って取り組めばいいか、教えてくれます。 私はこれを、自分なりに解釈し、あてはめ、オリジナルモデルとして育てていきたいと考えています。 集客 飲食店の多くは ...

ReadMore

その他、雑感・雑学 戦略とマーケテイング

2019/4/12

飲食店は10年後、どうなっていくのか?

驚異の閉店率 ご存知でしたか? 開業して3年、持続できる飲食店は50%。 5年となると70%のお店が閉店します。 これは、2013年~2018年の統計データですが、これからは下の3つの理由により、ますます厳しくなると予測されています。 ●人手不足 ●原価高騰 ●差別化戦略 その根本にあるのは、超高齢化と、人類未踏の縮小社会。 確実に減少する国内マーケット 2025年には3人に1人が65才以上。 人口は、1億2千万人を下回ることがほぼ確定しています。 飲食店のマーケットは確実に小さくなります。 当然ですよね ...

ReadMore

戦略とマーケテイング

2019/4/9

マクドナルドはなぜV字回復したか?

マクドナルドが地獄を見ることになったきっかけは、2014年7月のことでした。 期限切れの鶏肉使用問題が発覚したのです。 当時、映像を見た時はぞっとしました。 色の変わった、鶏肉。 床に落ちた鶏肉を平気で使う人。 中国の生産工場での一場面でした。 さらに、追い打ちをかけるように事件は続きます。 2015年に異物混入が相次ぎました。 ねじ、プラスチック片、ビニール・・ 赤字は300億円まで膨らんだといいます。 2018年は235億円の黒字! 事の発端からわずか4年。 見事、V字回復を果たしました。 さすが、藤 ...

ReadMore

料理とワインについて

2019/4/6

2020年以降、料理人が考えること

飲食店を巡る環境は、大きく変わっています。 日本は、2025年に3人に1人が65才という、超高齢化社会を迎えます。 人口は、増えることはありません。 人類未踏の縮小社会において、料理人は何を考えるべきなのでしょうか? 2020年オリンピック 2020年はオリンピックというビッグイベントがあり、国外から多くの流入を見込めます。 これが、唯一の光。 ちなみに2025年は、大阪万博がありますが、まだ未知数です。 2020年以降、実際的な需要が激減するはずです。 飲食店はもちろんのこと、すべての業種が備えを迫られ ...

ReadMore

Copyright© 東京・高尾のグランピングレストラン かくれんぼ , 2019 All Rights Reserved.